沖縄移住の夢追い人。借金を重ね“やりたいこと”を探し続ける

仕事もない、友達も少ない、結婚相手もいない……そんなオトナが増えている。急増するSNEP(スネップ=孤立無業者)。決してヒトゴトではない「無職・独身」のリアルとは?

沖縄に移住したが、いまだ旅の途中



●上野剛史さん(仮名・35歳)

・職歴:専門学校卒。スタイリスト3年、露天商3年、大道芸人1年、バー経営2年
・現在の貯蓄額:ナシ。70万円の借金あり

 目を異様に輝かせながら少年のように無邪気に話す上野さん。専門学校を卒業後、有名スタイリストのアシスタントになったが、幼少の頃から抱いていたサッカー選手になる夢をあきらめきれず、21歳のときフットサルの選手になろうと決意。

沖縄移住の夢追い人。借金を重ね“やりたいこと”を探し続ける「フットサルチームに入団寸前だったんですが、右膝じん帯を切ってしまい、それが原因で今度こそ本当にあきらめました」

 元来、自由人気質な上野さん。さまざまな仕事を経て、32歳のときにバーを開店した。

「バーの経営はうまくいってたんですが、それだけに縛られるのもどうかなと思って」

 せっかくうまくいっていたバーだったが、「こだわりを持って、一つの場所にとどまるのが苦手」らしく、34歳のときにバーを閉店してしまう。その後、バックパッカーになり、インドや日本国内を1年間放浪した後、昨年10月に沖縄へとたどり着いた。

「何か沖縄で大きいことをやれたら面白いと思って、移住してきました」と本人は言うが、現在は半年以上無職が続いており、借金を重ねて生活をしている。また、“大きいこと”とは何かを尋ねてみると「まだ、やりたいことは見つかってないんですよね」と、具体的な言葉は何一つも返ってこなかった。

 夢を追いかけ続け、自由気ままに生きてきた上野さんも今年で35歳。リスクの高い生き方をしているのは、本人も重々承知しているが、ここにきて少し動揺を感じる部分もあるようだ。

「沖縄に移り住んで半年がたちますけど、まだ沖縄の生活に慣れていません。これまでと違って、生活リズムがつかめないんです」

 夢追い人はいつまで夢追い人でいられるのだろうか……。

<PHOTO/Thomas Klee>

― 「未来が見えない!」35歳以上[無職・独身者]のリアル【11】 ―

独身フリーター
“独身フリーター”は地方で「不審者」扱い…
地方移住
女ひとりで地方移住を決意。理想の暮らしと…
ブルーシール 牧港本店(1)
アイス好き必見!沖縄の浦添市はローカルア…
後藤真希プロフィール
産後10キロやせた後藤真希も実践!“スト…
ビューティ
sponsored
ぺこ
8kg痩せた「ぺこ」もおすすめ!芸能人も…
ビューティ
sponsored
まつげが自然に伸びた
すっぴんでもデカ目に!お泊りの日も怖くな…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse