「独身女性がマンションを買うと結婚できない」ジンクスは本当か?【FPの実体験】

 独身でマンションを購入すると結婚ができないと言われることがあります。でも、私自身の経験から必ずしもそうとはいえないと感じています。今日はそんな理由についてお伝えします(ファイナンシャルプランナー・風呂内亜矢)。

「独身女性がマンションを買うと結婚できない」ジンクスは本当か?【FPの実体験】

確かにマンション購入の頃にフラれたことも



 マンションを購入したばかりのころ(26歳・OL時代)に、素敵だなと思っていた男性が意外と冷たい対応だったことを覚えています。

「独身でマンションを購入したということは『そういう人』だと思われるリスクがあるよね」と彼は言うのです。『そういう人』とは、一人で生きていこうと思っている人という意味でしょうか。

 確かにその方とはご縁がありませんでした。その頃は「これがいわゆるマンションを買うと結婚ができない」というやつなのかと思いましたが、果たしてそうでしょうか。

フラれた理由はマンションではない



 当時の私は振られたことが悲しくマンションのせいにしようとしていたのではと今から考えると思います。ところが現在は結婚しているため、どうやらマンション購入のせいではなかったのではと考えています。

 マンションを購入したばかりのころというのはある種の高揚感があります。「マンション買っちゃったぞ!」という多少暑苦しい感じです。しかも私はマンション購入のお金について不勉強で踏み切っていたため、危うさだけが目立っていたのではないでしょうか。

金銭感覚が身につくとむしろ強みに



 マンション購入後の高揚感は実は長くは続きません。その後日常の生活に馴染んでいき、当たり前の住まいとしてマンションがあるだけという状態になります。また、数年経つとローンや税金、確定申告なども一通り検討・経験し、金銭感覚はずいぶんと鍛えられます。

 結果的に、マンション購入後数年経過してから、先の冷たくされた男性にお金についてアドバイスを求められたこともありました。

 さらに、マンション購入は結婚後のトレーニングになる場合もあります。結婚後はマンション購入よりも重要な決断を2人で乗り越えなければいけないからです。今の主人には、私がどういう考えでマンションを買ったのかを日常会話の中で落ち着いて話すことができていました。重要なことについて平常心で会話・協議できるという点はお互いにとって結婚を決断できた要素だったと感じています。

 新婚家庭でお金の話題について話し合いしにくいという声も多いですが、夫婦のどちらかがマンション購入経験者であれば解消されることもあるでしょう。

 こうしたことから、私はマンション購入が必ずしも結婚の邪魔をするとはいえないと考えています。もちろんマンション購入の影響がゼロとはいえませんが、逆にマンションを購入しないと結ばれない相手もいるかもしれません。

 せっかくマンション購入という勇気が必要な決断をするのであれば、金銭感覚や重要事項を冷静に話し合える力などに変えていけたら有利ですね。

<TEXT/風呂内亜矢 PHOTO/Milkovasa>

風呂内 亜矢【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】
ファイナンシャルプランナー。CFPR認定者、宅地建物取引主任者。
1978年生まれ。岡山出身。
IT企業に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。
著書に『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)がある。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya

貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法

マンションは買ったほうが得!ただし、買い方を間違わなければ。“貸せる”物件を“適正価格”で計画的に買おう。月々のローンをあたかも「積み立て預金」のように活用し、完済後は「年金」のように着実な家賃収入を得ることもできる、著者の体験的ノウハウ!

棚橋、飯伏(1)
人気レスラー飯伏が「結婚したい…」。 先…
結婚
低収入の誠実な人と高収入の遊び人、どっち…
身延山久遠寺_勝部元気
「崖っぷち女子」特集・本は、独身への脅迫…
冷え性
あなたの“むくみ対策”は間違いかも!? …
ビューティ
sponsored
モデルたち
お腹はへこんで、おっぱいは大きく!モデル…
ビューティ
sponsored
メディパラソル
飲む日焼け止め・メディパラソルが口コミで…
ビューティ
sponsored

◆風呂内亜矢

ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。1978年生まれ。岡山出身。IT企業に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。著書に『その節約はキケンです~お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか~』(祥伝社)等がある。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse