家計簿をつけなくてもお金は貯まる。今すぐできる方法とは…

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 年始から年度始まりにかけては家計簿を続けるコツについて尋ねられることが増えます。

 続けるコツとしては完璧を求めすぎないなどが挙げられます。ただ、実は家計簿はお金を貯めるために必須ではないという点についても、お伝えしたいと思います。

家計簿の目的は状況把握と改善



 お金を貯めるために「まずは家計簿をつけてみよう」と思う方は多いかもしれません。確かに家計簿をつけることで無駄遣いを発見できて貯蓄につながるケースもありますが、貯金を目的とする場合には遠回りになる場合もあります。

家計簿をつけなくてもお金は貯まる。今すぐできる方法とは… 家計簿をつけて行う家計改善には次のようなステップがあります。

1.家計簿をつける方法を検討する(どの家計簿?手帳?アプリ?など)

2.記録を継続する(これはどの費目になるの?など悩んだりもしますね)

3.記録内容を確認・分析して問題点を見つける

4.問題点の改善策(通信費がかかりすぎているからプランを見直そう等)を考える

5.改善策を実践する

 家計簿をつけ始めると2.の継続が大変だと感じる人は多いです。そのため継続して記録をすることで、満足感を得てしまうこともあります。しかし、実際に貯蓄額を増やしてくれるのは5.の改善策の実践です。

自分に合う節約法をすぐに実践して積み重ねていく手も



 以前のコラムで

・3度見ても欲しいものしか買わない
・友人との約束はディナーでなくランチにする
・ボーナスを使わない


 という3つの方法をご紹介しました。私自身が前年比6倍の貯金ができた時に、一番効果があったなと感じた3つの方法です(http://joshi-spa.jp/143392)。

その他にも、

・クレジットカードをやめて支払いは現金のみにする(または徹底に研究し上手に使う)
・保険の見直しを行う
・銀行選びにこだわる(ATMの手数料や預金利率などの研究)

 といった定番の節約術や、雑誌などで紹介されているテクニックがあります。貯金が上手な方には、家計簿はつけていないけれども、テクニックの実践経験を1つずつ増やしているタイプの方もいらっしゃいます。

 そのため、家計簿で挫折経験がある方は、まずは良いといわれているテクニックのうち、自分に合いそうなものを試し、ワザを増やしていくことから入るのもお薦めです。節約術を試すことでお金の管理に関心がわき、自然と大切にお金を使えるようになっていく人も多いです。

 もちろん家計簿をつけることで問題点を早くみつけて効率的に改善できるというメリットもあります。すぐに節約術を実践してみるという方法もお薦めしつつ、次回は、簡単で続けやすい家計簿についてご紹介します。

<TEXT/ファイナンシャルプランナー・ 風呂内亜矢>

風呂内 亜矢【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】
ファイナンシャルプランナー。CFPR認定者、宅地建物取引主任者。
1978年生まれ。岡山出身。
IT企業に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。
著書に『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)がある。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya

貯金
ザセツしない貯金目標って手取りの何%?フ…
計画的な貯蓄
意識しなくても勝手に貯まる!? 「貯まる…
「見るだけ」でムダづかいが減る、ズボラ家計管理術
「見るだけ」でムダづかいが減る、ズボラ家…
占い
恥ずかしいほど燃えた夜…。愛を取り戻せた…
ラブ
sponsored
ワキ
ゲゲッ黒ずんでる…脇や乳首の黒ずみを夏ま…
ビューティ
sponsored
むくみ
太って見える「むくみ」。放っておくと恐ろ…
ビューティ
sponsored

◆風呂内亜矢

ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。1978年生まれ。岡山出身。IT企業に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。著書に『その節約はキケンです~お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか~』(祥伝社)等がある。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse