自分で店が決められない…彼は“隠れマザコン”かも!

汚ブス研究家・KENJIの「内面美人への道」VoL.16

 ごきげんよう。春の訪れを肌で感じ取れる頃、いかがお過ごしかしら。アタシは、汚ブス研究家のKENJIよ。

 最近の女子会では、自分のパートナーについての相談が増えています。アナタは、パートナーとの関係はいかがでしょうか。

 ズバリ今回のテーマは……隠れマザコン男子に頭を抱える女子たちはこうしなさい!!

自分で店が決められない…彼は“隠れマザコン”かも!

女性たちから、マザコン相談が増えてます



 付き合う前は男らしくて、優しくて、頼りになるなと思っていた彼。ところが、一緒にいる時間が増えるにつれて、ママに対する彼の言動が目に余るようになってきたということはないでしょうか。KENJIが聞いたエピソードをいくつか紹介します。

●エピソード1・お店選びはママに聞く

デート中、ランチのお店を探すために誰かに電話している彼。

彼「今、彼女と◯◯にいるんだけど、ごはんどこがいいかな?」

母「ココなんてどうかしら? とっても美味しいってテレビでやっていたわよ!」

彼「うん! わかった。お母さんありがとう」

母「あとで、食事代渡すから楽しんで来なさいね」

●エピソード2・髪はマンマに切ってもらう

 ルックスに一目惚れして、イタリア人(35歳)の彼と付き合って一年弱。デートのたびに髪型をアレンジしてくる彼があまりにも魅力的なので、どこの美容室に通っているのか聞いた結果。

「マンマニキッテモラッテイルンダヨ?」

●エピソード3・何かっていうとママに電話

最近同棲を始めた、二年付き合っている彼。彼から仕事の悩みを相談された時には、私なりに励ましているつもりだけど、私の答えに納得いかない時は、平気で自分の母親に電話し、助けを求めたりする。ケンカをした時も当たり前のように母親に電話する姿を見て、頼りないと思った。

===========
KENJI

KENJIです!

 こういったエピソードが尽きないように、身の回りのことはすべて母親が決めたり、母親自慢をしたり、母親から頻繁に電話がかかってきたり、とそんな人が増えているのです。

 自分の親を大切にする“思いやり”と“マザコン”はまったく別物です。マザコンの場合、彼だけの問題ではなく、“子離れ”が出来ていない母親にも原因があるとKENJIは思います。

 自分の彼が“隠れマザコン”か見極めるポイントをKENJIが教えます♪

アナタの彼の“隠れマザコン”度チェック



・ 母親のことを「ママ」と呼ぶ YES or NO

・レストランのメニューを自分で決められない YES or NO

・自分の貯金額を把握していない YES or NO

・母親の料理が美味しいと比較してくる YES or NO

・いつも母親に意見を求める YES or NO

・クリスマスや記念日などは母親優先または同伴を強要してくる YES or NO

・頻繁に母親から電話やメールがくる YES or NO

・モノへの執着心が強い YES or NO

・「お母さんだったら◯◯してくれるのに」と比べられる YES or NO

・意見を求めたら「何でもいいよ」と言われる YES or NO

=============

■YESを6~10個獲得してしまったアナタ
→アナタの彼は立派な隠れマザコン。嫁姑問題には覚悟が必要よ!! 今から対策を考えなさい!!

■YESを3~5個獲得してしまったアナタ
→気を抜かないで!! アナタの彼は、もしかしたら隠れマザコン予備軍かも。

■YESを1~2個獲得してしまったアナタ
→アナタの思い過ごしかも知れないわね。もう少し彼の様子を見てはいかがかしら?

■YESが0個のアナタ
→安心しなさい。隠れマザコン要素が全くなくてつまらないわ!! KENJIに彼を紹介しなさい。

<KENJI美タミン注入>
「自分の子どもは、いくつになっても“かわいい子ども”のまま」

 アナタは彼の嫁になれても母親になんてなれないわ。ただ、自分の子どもが出来た時、アナタはどうかしら?? 人は立場が変われば、考え方も変わるモノよ。

<KENJIからの一言>



<TEXT/KENJI>

【プロフィール】
汚ブス研究家KENJI(株式会社スリースマイル 代表取締役)。年間400回以上もの女子会に呼ばれ2,000人以上の女子たちの相談に乗りながら、心の汚い女性=汚ブスを研究する 『汚ブス研究家』として、女性たちが心から美しくなれるアドバイスをしている。著作に『女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条』。テレビ出演なども多数。FBS福岡放送「クロ女子白書」にレギュラー出演中 http://ameblo.jp/threesmilesmilesmile/

女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条

日本初! 女子会をテーマにした初めての本が登場! テレビで話題の「日本一女子会に呼ばれる社長」1年間に呼ばれた回数、408回! 2000人以上を感動させた「愛される」を実現する方法を伝授!!

dreamstime_xs_57182015
夫と姑に息子を連れ去られ…。離婚で親と引…
トンデモ男
弁護士の彼は、ナルシストの最低野郎だった…
盗難癖
別れを決意した最悪の事態とは…ダメ男と別…
眼内コンタクトレンズ
近視にバイバイ!入れっぱなしでいい“眼内…
彼の前で堂々と晒せるカラダになりたい!
8kg痩せたペコもおすすめ!芸能人もハマ…
やかないサプリ
紫外線でおばさん顔になる!一番簡単な“飲…
ビューティ
sponsored

◆KENJI

汚ブス研究家KENJI(株式会社スリースマイル 代表取締役)。
年間400回以上もの女子会に呼ばれ2,000人以上の女子たちの相談に乗りながら、心の汚い女性=汚ブスを研究する 『汚ブス研究家』として、女性たちが心から美しくなれるアドバイスをしている。女性の生態知り尽くすKENJIはもともと大手芸能事務所で秘書やアイドルのマネージャーをしていたという謎の経歴を持つ人物でもある。テレビ出演なども多数。(※ほぼ週休2日で女子会・マダム会に参加!!)
http://ameblo.jp/obusu-kenji/

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse