転職のたびに給料ダウン…気づけば“転職貧困”に落ちていた

 転職すると収入が上がる、下がる、どちらの確率が高いかご存知だろうか?

 もちろんどちらの人もいるのだが、全体として見ると下がる人のほうが多いのだ(※)。

 以下に挙げるのは男性のケースだが女性でも傾向は同じ。夫や、あなた自身が転職を繰り返しているうちに、気づけば生活苦に陥ってしまうことも……。

転職のたびに給料ダウン…気づけば“転職貧困”

カッとなって転職6回、気づけば月収14万円に



年収220万円
山本英明さん(仮名)45歳・既婚・運送業のケース


 これまで6回もの転職経験がある山本さん。転職を繰り返した結果、年齢を重ねるにつれ、年収が下がるスパイラルにハマった。

「辞める理由はいつも同じ。下のヤツをかばって、上に意見して煙たがられる。これが数か月も続くと、最後は言い争いになり、『もういいですよ! 俺、辞めます』って衝動的に言っちゃうんですよ。後で『しまった』って頭抱えるんだけど」

 山本さんは自他共に認める“兄貴気質”。レコード店の副店長や設備会社の所長にまで上り詰めるなど、ある程度まで出世すると、決まって上と衝突するのであった。

「今の職場でも女性上司と折り合いが悪いんですよね。“このままいくと、また辞めるパターンかなあ”って薄々思っているんですが……。その人は、好き嫌いで仕事を割り振るタイプで、生活が苦しいと訴えているのに自分には短時間の仕事しか振ってくれないから、5年前の入社当時と比べて、年収が150万円も下がって……」

 今の月収は14万円。口座に給料が振り込まれた翌日には、もう残高が数千円、というような月もあるほど困窮している。

「ごますったり、これ見よがしにアピールなんてできない。『誰か見てくれてるだろう』と思っても、結局誰も見ていないんですよねえ」

趣味につぎこんで貯金もほとんどナシ



 羽振りのいい時期もあったが、趣味にお金をかけてきたがゆえに貯金もほとんどしてこなかった。

「クラシックカーが好きで、15年ほど前にフォードを400万円で、ワーゲンを100万円ちょっとでローンを組んで購入しました。どちらもエンジンが故障し、ここ15年ほど実家のガレージで埃をかぶってるけど、おじいちゃんになったらまた乗りたいから、手放すつもりはありません」

 車好きの山本さんだが、交通事故を何度も起こしており、その修理代も家計を圧迫している。

「昨年だけで3回も事故っちゃって。ブレーキが間に合わなくて右折車に追突したり、オカマを掘ったりして、1台は廃車。

 残り2台は修理代に各々50万と30万かかって、なけなしの貯金がなくなっちゃいました。目先のお金をケチって、車両保険に入っていなかったのが運の尽きです」

 実は、山本さんの現職は運送業なのだが、これまで2度も会社の車をグシャグシャにしている。

「『今度事故を起こしたら契約更新しません』と言われているので、マズイんですよねえ」

 友人からは「優しすぎる」、妻からは「外面がいい」と言われる性格。数人に数万円単位でお金を貸したが、一度も返ってこなかった。

「あげるつもりで貸しているからいいんですけど、たいてい音信不通になっちゃうのが悲しいです」

 日々のストレスからか、節約せねばと思いつつ、缶コーヒーを一日2本飲む習慣をやめられないでいる。格安のバラックに住んでいたが、立ち退きにあい、アパートに妻と暮らす。「家賃が1万5000円上がる予定。痛いです」

==============

※厚生労働省の分析によると、2011年に転職した人の賃金の変化は、増加=28.9%、変わらない=38.6%、減少=32.5%と、減る人のほうが多い。

 ここから前職パートを省いてフルタイム労働者だけで計算すると、もっと「減少」が多くなり(増加=23.5%、減少=37.7%)、分析した2000~2011年のすべての年で「減少」が上回る。

 つまり、正社員などフルタイムの転職は収入ダウンするほうが普通で、年齢が高くなるほどそのリスクは高くなる。

(出展:厚生労働省「転職入職者の賃金変動に関する状況」平成25年7月30日)

―40過ぎてビンボーになる人の共通点【4】―

仕事上の苦悩
「辞めてから次を探す」はキケン!転落する…
40代貧困
明日は我が身の“アラフォー貧困”7つのキ…
浪費癖
生活苦に陥った人が後悔する“ムダ遣いある…
「あれ? 入ってる?」
“イカせて、イカされる”、最高に気持ちい…
♂&♀
sponsored
大豆
「神おやつ」発見!太らない&美…
高橋真麻2
高橋真麻アナがプロデュース!ダイエット・…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse