隣のベッドであえぎ声…病院ものAVの笑える世界【女性AVエキストラは見た】

女性エキストラが見たAV収録の現場 Vol.2】

 エキストラが出演するような作品の収録は、たいてい1日に数本分撮ります。こういうところで、例えば病院ロケなら、朝は1作品目ナース役、お昼くらいから2作品目ナース役、夕方から3作品目患者役、みたいな感じで適当に割り振られて数役こなします。

看護婦

写真はイメージです

 病院のシーンは、たいてい「病院スタジオ」で収録します。廃院となった病院がそのままスタジオになっていて、大きな医療機器や書類がそのまま残っているんです。そういう廃院スタジオが都内近郊にはいくつもあって、たいていの病院ものはそういうところで撮影されます。

脇役ナースが、困っちゃうシーンとは



 ところで病院でいかがわしいことする人ってどれだけいるんですか? 私はぜんぜん経験ないですが。AVでは「入院中の夫に満足ができない新妻」とか「入院中の学生が看病に来た伯母と」とか、シチュエーションはさまざま。まあホントよく考えること。

 ナース役で困るのは「診察している最中にコトが起きて、それに気付かない」場面。場が持たないことが多いんです。

「ベッドに寝ている患者の湿布を貼り替えている最中に、見舞いに来ていた若妻が隣の患者といたす」という話がありました。湿布の張替なんてものの30秒ですよ。それを延々と作業する振りして30分……。

 カーテンの向こうでごそごそはあはあ物音立ってるし、普通気付くって!

ナースが診察に来たとき、ベッドサイドにいた若妻が、隣の患者に悪戯されていっちゃう」というシーンでは、ナースと新妻が世間話をしてる最中に「あん……っ」とか言ってしゃがみ込むんです。

「大丈夫ですか?」「ええ……」「じゃあ、お大事に」とか言ってそのまま退出するんですけど、明らかに様子がおかしかったら駆け寄ったりするんじゃないですかね。めちゃくちゃナース失格です。AVのエロシーンは、周囲の無関心によって成り立ってます。

半裸の男優が、ぶらぶらさせて歩いてる



 さて(単体)女優さんたちはどこの現場でも特別扱いです。彼女たちのための個室は必ずあるし、そこには飲み物やお菓子がたっぷりそろえてあります。ちゃんとヘアメイクさんもいて、着替えやメイクをしてもらいます。芸能人のロケと同じような環境ですね。

 エキストラたちの待機場所も、その日のロケで使わない空き部屋です。でも中身は女優さんとは全然違います。お話の内容により同じ病院のロケでも使用する部屋が違うので、診察室が待機場所になることもあるし、病室のベッドでごろごろ待つこともあっていろいろです。

 男優さん、男女エキストラが全員同じ部屋で待つこともあるし、男女別の部屋があてがわれることもあります。エキストラにヘアメイクがつくときは女優さんと同じ部屋になることも。そういうことも現場次第です。

 男優さんたちと同じ待機部屋になると、チンチンぶらぶら普通に歩いてます。Tシャツ一丁の男優さんを見たときは「隠すところ間違ってるよー」と思いました。

人気のない廃院

写真はイメージです

 病院ロケはたいてい何作品も撮るので、朝から晩までカンヅメです。待ち時間につい「昔はここで亡くなった方もいるんじゃないかしら……」とか余計なことを思いついてしまいました。

 収録している現場近くでは物音を立てられないので、必然的にトイレは人気のないところのに行かなくちゃいけません。夜の廃院ですよ、これがけっこうな肝試しです。

<TEXT/和久井香菜子>

⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【和久井香菜子(わくい・かなこ)】
和久井香菜子ライター・イラストレーター、少女漫画コンシェルジュ。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。ネットゲーム『養殖中華屋さん』の企画をはじめ、語学テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。街で見かけたおかしな英文から英語を学ぶ「Henglish」主宰。

ナース
脱がずにAVに出られるバイト、“女性AV…
女性向けAV
女性向けAV撮影現場に潜入してきた!
噂の「レンタル彼女」に女性記者が潜入。デートだけで時給4千円は可能か?【面接編】(1)
噂の「レンタル彼女」に女性記者が潜入。デ…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
kumada
高橋愛や熊田曜子も絶賛!記者の“夏老け肌…
ビューティ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored

◆和久井香菜子

ライター・イラストレーター、少女漫画コンシェルジュ。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。ネットゲーム『養殖中華屋さん』の企画をはじめ、語学テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。街で見かけたおかしな英文から英語を学ぶ「Henglish」主宰。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse