モテの王道、ウザいほどの“ぶりっ子”になる基本テク8つ

 こんにちは、500人斬りの経験をもとに恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

 前回は、周囲の7割の人から嫌われてでもぶりっ子を追及すれば、3割の男性からモテる(http://joshi-spa.jp/357433)という説を懇々と説いたわけですが、今回は「なぜぶりっ子はモテるのか」の核心に迫りたい所存です。

 一言で言ってしまうと「“ぶりっ子”という個性を得られるから」というのが答えです。

 ルックスはほどほど(=世の中の大多数)で誰からも嫌われないような生き方(=世の中の大多数)では、「没個性」と言わざるを得ません。当然、その他大勢に埋もれます。当然、激モテはできません。

パクチー女子 対して“ぶりっ子”。周囲の7割から嫌われるかもしれません。それは、よくも悪くも個性的だからです。まわりの平平凡凡な女子たちの中に埋もれません。

 パクチーみたいなもんですよね。パクチーをめちゃくちゃ嫌いな人もいれば、めちゃくちゃ好きな人もいる。よくも悪くも目立つ食材。

 以前、「“ぶりっ子嫌い”を公言する男ほど、“プロぶりっ子”にダマされる」(http://joshi-spa.jp/320803)の回でも熱弁しましたが、実際、ぶりっ子好きの男って潜在的にすごく多いと思うんです。

まずは「私はかわいい」と自己暗示をかける



 では、どんなぶりっ子になればいいのでしょうか?

 目指すは、パクチーのようにクセのあるキャラです。それをぶりっ子に置き換えると……自分自身で「うざっ!!」と思ってしまうぐらいのぶりっ子を目指すべし、ってことでしょう!

パクチー とりあえず自己暗示をかけてください、「私ってけっこうかわいいよね、美人だよね」と。この自己暗示を強烈にかけられれば、もう7割方、ぶりっ子道はマスターしたと言っても過言ではありません!

 自分をかわいいと信じ込んでいる女性は、不思議と男の目からも本当にかわいく見えることがあるのです。

ウザいほどのぶりっ子「8つの基本所作」



 次に具体的な所作について。ぶりっ子ビギナーならば、めちゃくちゃベタなテクニックからまず習得してみてください。

●声の高さをワントーン上げる

●甘ったるい声を意識して語尾は伸ばす

●身振り手振りはオーバーに

●喜怒哀楽もオーバーに

●特に笑顔と悲しみの表情にはメリハリをつける

●リアクションの基本は「かわいい~」「すご~い」

●男性と話すときではデフォルトで上目遣い

●些細なことでも隙あらば男性を頼る(甘える)

……こんな感じ。「うざっ!!」と思ったあなたは正常です。

 けれど、その痛々しいほどステレオタイプなぶりっ子に恋しちゃう男は、悲しいかな一定数いるのです!(かくいう小生もそうなのです!)

 ……今、こう思っている方が多いんじゃないですか?「そんなに男に媚びまくるぐらいならモテなくていい!」と。

 はい、そう思う女性が大多数のはずです、それが正常です。実際、自分の女友達にこのぶりっ子論を力説しても、たいていは「私には無理」と言われます。

 けれど、だからこそモテるんです。普通の人がおいそれとマネできないから個性として際立つんです。そして10人中2、3人の男性の心に刺さるんです。

 ちなみに、世のぶりっ子さんたちは、さほど男に媚びてはいないと思いますよ。むしろ、一切媚びてないからこそぶりっ子道を邁進できる。ぶりっ子って要するに、小悪魔的に男の心を手玉に取る女子のことですから。表で媚びて、裏でもてあそぶ。

 とは言え、先ほど挙げた8項目はあくまで“ぶりっ子ビギナー向け”のテクニック。ということで次回のコラムでは、上級クラスである“プロぶりっ子”について語らせていただこうと思います。

堺屋大地

堺屋大地氏

<TEXT、ILLUSTRATION/堺屋大地>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【堺屋大地プロフィール】
経験人数500人超えというドチャラい経験を活かし、真摯に恋愛を分析するコラムニスト。『Business Journal』『AOL News.』『INLIFE』などのメディアでも活躍。Twitter(https://twitter.com/SakaiyaDaichi

ぶりっ子
モテたいなら、“嫌われる勇気”を持とう
小倉優子eye
モテたいなら、綾瀬はるかより小倉優子をマ…
ぶりっ子のススメ
“ぶりっ子嫌い”を公言する男ほど、“プロ…
占い
恥ずかしいほど燃えた夜…。愛を取り戻せた…
ラブ
sponsored
ワキ
ゲゲッ黒ずんでる…脇や乳首の黒ずみを夏ま…
ビューティ
sponsored
むくみ
太って見える「むくみ」。放っておくと恐ろ…
ビューティ
sponsored

◆堺屋大地

恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析。他、『INLIFE』『Business Journal』『AOL News.』などで活躍。Twitter(@SakaiyaDaichi)。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse