「肉じゃが」でカレの胃袋をつかむ!いつもより3倍おいしく作るコツ5

 超人気料理を、制する。

 彼女に作ってもらいたい料理ナンバーワンと言われる「肉じゃが」。その真偽はさておき、白いご飯にとってもよく合うのは間違いありません。しかし、この定番料理、自信を持っておいしく作れますか?

 そこで今回は、誰でもカンタン! プロ級「肉じゃが」の作り方をご紹介します。

超おいしい肉じゃがを作るための5つのコツ



1. 二種以上のジャガイモを組み合わせる

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=377676

肉じゃが_じゃがいも ホクホク、しっとり、あまーい、こっくり……。最近では様々な品種のジャガイモが出回っています。肉じゃがに合う品種を一つに決めようとするのではなく、最初から複数種を使う方が、ジャガイモのおいしさに立体感が出て、食べた時の楽しさも演出することができます。

2. しらたきは絶対に下ゆでする

肉じゃが_しらたき スーパーに行くと、「下ゆで不要」と書かれたしらたきが目立ちますが、これを鵜呑みにしてはいけません。肉や野菜の味を活かす料理の場合、そのまま入れると、どうしてもコンニャク臭さが気になります。手間を惜しまず、1分でよいので下ゆでしましょう。

3.「カツオだし」ではなく、「洋風だし」を使う

肉じゃが_だし 和食の基本が「カツオだし」だと思い込んでいる人はいませんか? 牛肉を使う肉じゃがの場合、牛肉とカツオはどちらも強い旨味を持つため、調理バランスが難しいのです。また、魚ゆえに翌日になると、生臭さを感じることも。

 そこで、オススメしたいのが「洋風だし(ブイヨンもしくはコンソメ)」。野菜や肉のおいしいエキスが凝縮されているので、コクのある肉じゃがをカンタンに作ることができます。もちろん和の調味料を使って味付けしますから、決して洋風にはなりません。次の日もおいしい肉じゃがを食べたい人には、必須のポイントです。

4. 煮汁は少なめ、火は強め

肉じゃが_煮汁「煮汁をたっぷり、弱火でコトコト」は間違い。素材を保ちつつ、引き締まった味に仕上げるには、ある程度短時間でギュッと炊くことが重要です。煮汁は、具材の高さの半分程度(ガスの場合は半分強、IHの場合は半分弱)。火は、強めの中火を意識しましょう。

5. 出来上がったら、いったん冷ます

肉じゃが_冷ます 調味料はたっぷり入れているのに、中まで味が染みないことはありませんか? 煮物の基本は、いったん冷ますこと。冷める時にしっかり味が入るので、出来上がりをすぐに食べるのは我慢して。十分に冷めたものを温め直して仕上げましょう。

 それでは、この5ポイントをふまえ、肉じゃがを作ってみましょう。レシピは次の通りです。

【材料(4~6人分)】

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=377689

肉じゃが_材料・牛肉 200g
・じゃがいも 2種を4個ずつ(ここでは「インカのめざめ」と「メークイン」を使用)
・にんじん 1本
・玉ねぎ 1個
・しらたき 1袋
・さやいんげん あれば
・ブイヨンキューブ 1個
・しょうゆ 大さじ4
・酒 大さじ4
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・油 大さじ2

【作り方】

(1)材料を切る。玉ねぎはくし切り、じゃがいもとにんじんは皮をむいて一口大にする。しらたきは長ければハサミで切り込んでおく。

(2)しらたきを下ゆでして、ザルにあげておく。

(3)鍋または深めのフライパンを火にかけ、油をひいて玉ねぎから炒めはじめる。にんじん、牛肉、じゃがいもの順に入れ、油を絡ませるようにさっと火を通していく。火力は強めの中火。

肉じゃが_炒め(4)しらたきを入れて、酒、ブイヨンキューブ、水(具材の半分の高さまで)を加え、アルミホイルをかぶせて5分煮る。

肉じゃが_煮る(5)みりんと砂糖を加え、時々かき混ぜながら10分煮る。しょうゆを加えてさらに10分煮て、じゃがいもの角がくずれ、煮汁がほぼなくなったら火を止める。

肉じゃが_温め(6)ホイル蓋をしたまま、火からおろして冷ます。味がなじんだところで、食べる時に温め直す。お好みの器に盛り付ければ完成。彩りに、ゆでたさやいんげんを添える。

肉じゃが_完成<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

野菜炒め
野菜がシャキッ!「プロ級の野菜炒め」を作…
塩肉ジャガフライパン
マンネリ「肉ジャガ」にタラコを入れたら……
写真3
“揚げないカツ”がトースター…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
kumada
高橋愛や熊田曜子も絶賛!記者の“夏老け肌…
ビューティ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored

◆スギアカツキ

東京大学卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse