綾野剛の言うとおり…妊娠中の「風しん」はこんなに怖い

「綾野剛、厚生労働大臣と面会」というニュースがあちこちで取り上げられた10月28日。

「風しん」について啓蒙するために、綾野剛がドクターを演じるドラマ『コウノドリ』(TBS系、金曜夜10:00~)と厚生労働省がタイアップすることが、面会の理由でした。

綾野剛の写真が使われている厚労省の「風しん予防」リーフレット

 ちなみに、ドラマの写真が使われている厚労省「風しん予防」リーフレットはコチラ。(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/dl/151016-01.pdf

『コウノドリ』では母親の風しんで子供に異常が



 実はこの「風しん」、特に妊娠前の女性にとって重大問題なのです。妊娠中に風しんにかかると、赤ちゃんの耳・目・心臓などに障がいが出る(先天性風疹症候群)可能性があるからです。

 10月30日(金)放送の『コウノドリ』第3話では、まさにこの「妊娠中の風しん」がテーマ。

――産婦人科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)は、10年前に出産に立ち会った瀬戸加奈子(石田ひかり)と娘・遙香(山田望叶)に再会します。ピアノストの遙香は、白内障で目が不自由なうえ心臓疾患もあるのですが、原因は母・加奈子が妊娠中に「風しん」にかかったことでした。

妊娠中に風しんになった女性の辛い体験談



 実は女子SPA!でも昨年、妊娠中に風しんにかかった経験者の、シビアな体験談を記事(妊婦が風疹にかかったら…経験者が語る、妊活前に知っておいてほしいこと http://joshi-spa.jp/137563)にしています。

 この記事の筆者自身が、妊娠5ケ月目に風しんにかかってしまったのです。

 母親の風しんで赤ちゃんに異常が出る確率は妊娠初期ほど高く、
「妊娠1ヶ月で50%以上、2ヶ月で35%、3ヶ月で18%、4ヶ月で8%程度」

「難聴は初期3ヶ月のみならず、次の3ヶ月の感染でも出現し、高度難聴であることが多い」(国立感染症研究所)。

 これを知った筆者は心配でノイローゼ気味になり、「予防接種を受けなかったために我が子を危険にさらしてしまった」と涙が出たそうです。

 彼女の場合「難聴確率は3%程度」でしたが、幸い生まれた子どもの耳に異常はなく、今度は安堵の涙にくれたそうです。そして「出産を考えている女性は、絶対、風しんの予防接種を受けてほしい」と結んでいます。

 妊娠中は風しんの予防接種を受けられないので、妊娠する前に受けておかなければなりません。今回、綾野剛も予防接種を受けたそうですが、成人男子も受けるよう厚労省は推奨していますね。いずれ子どもを、と考えている男女はご参考に。

<TEXT/女子SPA!編集部>

妊婦が「風疹」にかかったら…経験者が語る、妊活前に知っておいてほしいこと
妊婦が「風しん」にかかったら…経験者が語…
山田孝之が親友・綾野剛とアパートで過ごした熱い夜 in赤羽(写真4)
山田孝之が親友・綾野剛とアパートで過ごし…
雰囲気イケメンランキング
「美形じゃないのにイケメン枠」な有名人ラ…
実際にお手入れをしている女性たちは、ラブタイムにも変化が
勝負下着は見られていない!彼が気にするの…
♂&♀
sponsored
ダレノガレ明美
25kg減のダレノガレ明美がやってる“我…
ビューティ
sponsored
本能的に「抱きたい!」と思わせる香り
色気ではなく●●が重要!彼のスイッチをオ…
♂&♀,ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse