添い寝で3万円!異業種交流会で出会った女性に誘われた、まさかのお小遣い稼ぎ

 昨今、SNSなどでつながり、援助交際を行う女性グループが増えているという。多くの場合、友人同士のつながりから発展して組織がつくられているが、なかには元締め的な女性が見ず知らずの他人を引き込むケースもあるようだ。

異業種交流会

※写真はイメージです

きっかけは異業種交流会



 派遣OLの美由紀さん(仮名・26歳)の場合、「異業種交流会で知り合った年上の女性に、後日ランチに誘われたのがきっかけだった」という。

「いろいろ世間話をした後に、『お小遣い稼ぎしない?』と誘われたんです。聞けば、50~60代の男性相手に、食事や“ちょっとしたサービス”をするだけだって。『エッチ自体はないから』とも言われ、当時は急な入り用で金欠だったので、受けることにしました」

 快諾した彼女は写メを撮られ、「20代」と名前のついた、見知らぬ女性数人が所属するLINEグループに招待されたという。

「そしたら数日後、『年齢・職業・プレイの注意事項』など客の情報が送られてきて『相手をしたい人は返事をください』と。そのときは気味が悪くなって断ったんですが、今でもたまに誘いが来ます」

援交サービスの現場に男性記者が潜入!



 美由紀さんを誘った女性は、本名かどうかは定かでないが、名前を涼子と名乗ったという。彼女の斡旋する援交とはどのようなものか。男性記者は“客”として、涼子を紹介してもらうことにした。

 数日後、美由紀さんの仲介で記者は涼子と待ち合わせた。場所は赤坂のカフェ。「○○さんですか?」とやって来た女性は、思いのほかシワの目立つ中年女性だった。

「だいたいの内容は聞いてると思いますけど、ウチの場合、食事だけなら1万円で、添い寝と“手のサービス”は3万円です。普段はもっと高齢の男性を相手にしているので、あなたみたいな若い人は珍しいですよ。まぁ、食事だけならこのあとすぐに来られるコもいますけど、どうしますか?」

 まくし立てるように案内する涼子。記者を怪しんでいるのか、“初回”なので今日は食事相手しか紹介できないという。明らかに一般の風俗店などよりも高額だが、女性を紹介してもらうことにした。

 1時間後、20代半ばほどの女性が来店。「カナちゃんです」と簡単に紹介だけして涼子はカネを受け取り店から出ていった。こうして初対面の女性と2人きりにされた記者。気まずい……。

 その後、居酒屋に移動するも特に会話は盛り上がらず、「時間なので」とカナちゃんは去っていった。これで1万円。男性客にとって、かなり割高だ。

 3時間ほどの食事で、彼女には(仲介料を引かれた)数千円が払われるという。食事ぐらいだったら、女性たちにとって大した稼ぎにならない。やはり、それ以上の行為をすることを目的とした価格設定と言える。

 カナちゃんはいたってふつうのコに見えた。そのふつうさに割高な料金を払う男性客もいるのかもしれないが、記者にとっては、それがなんだか不気味だった。

 ― 素人援交サークル潜入ルポ【3】 ―

しゅんくん
イケメンの“添い寝サービス”、本当に寝る…
プチ援交
セレブ妻がSNSで“プチ援交”。タワマン…
援交
プチ援交で稼ぎを競うゲーム!?夜の街で逆…
歯磨き
子どもの歯磨きに悩むママへ。世界初“虫歯…
後藤真希プロフィール
産後10キロやせた後藤真希も実践!“スト…
ビューティ
sponsored
まつげが自然に伸びた
すっぴんでもデカ目に!お泊りの日も怖くな…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse