トランポリンの運動量は半端ない!専門施設で体験してきた。「1分でフラフラに…」

「痩せたい……」。永遠の悩みです。そして、「続かない……」。永遠のテーマです。

 結局のところ、楽しみながらでなければ、ボディメイクは続きませんよね。そこで、オススメなのがトランポリン。トランポリンと言うと、体操の内村航平選手が空中感覚を養うために利用した映像を見た方もいるでしょうが、できる場所が限られているので体験した人は少ないのでは?

 そんな中、気軽に楽しめる場所を都内に見つけたので、体験してまいりました。

トランポランドHP

トランポリンパーク・トランポランドHPより http://www.trampoland.com/

トランポリンは全身運動! マラソンにも匹敵?



 お邪魔したのは、板橋にある“トランポリン・パーク トランポランド”。トランポリン専門の施設です(利用料は60分1620円・税込~)。

 私は初心者なので、スタッフの方にご指導願いたくアポを入れていたところ、店長の長崎さんが対応してくれました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=402782

長崎店長

長崎店長

 聞けば、長崎さんは中学時代から競技トランポリンをしていたという本格派! そんな方に教えていただけるとは、この施設、なんだか贅沢です。

「気軽にいらしていただいて、スタッフに声をかけていただければ、使い方や飛び方を指導させていただきますよ」(長崎店長、以下・同)ということですが、長崎さん以外のスタッフもみなさん、トランポリンや体操の経験者だそうですよ。素晴らしい。

 ちなみに、お邪魔したのは平日の昼間の時間だったのですが、利用者の顔ぶれを見ると、大技を決めているちびっこ以外は、30歳前後以上の女性ばかり。長崎さんによると、ひとりでフラッと訪れる大人女子は多いとか。

「うちは、ダイエット目的でいらっしゃる方が多いのか、女性の方が多いですね」とは、長崎さん。

……実は来てるのでしょうか、トランポリン。実際に、トランポリンを2分行うだけで、マラソンを5分するのと同じ運動効果があるのだとか。

「トランポリンは全身運動ですし、運動量も多いのでダイエットにはお勧めです。しかも、体幹も自然に鍛えらえるので、筋肉を増やしたい方にもとっかかりやすいと思いますよ」

予想以上にハード! でも、おもしろい♪



 では、体験です。まず服装ですが、動きやすい恰好ならOKということで、私はジャージに着替えました。

 足は靴下なのですが、滑り止めがついている専用の靴下をはくといいそうです。こちらの施設では、最初に登録料540円(税込)を支払うとオリジナル靴下をもらえるので、私はこれを利用しました。

 着替えて、ストレッチを十分にしたら、トランポリンの中央に立ちます。

 バランスよく飛ぶためには、トランポリンの真ん中に立つことが大事なのだとか。立ち方は、足を肩幅にまっすぐ開いて、上から引っ張られているようなイメージで。

 また、飛び方は、「跳び箱のロイター板を蹴るような感じで足を蹴るといいでしょう」

 なお、両手をぐるぐる回しながら飛ぶと、バランスがとりやすいそうです。先に、お手本を見せていただきました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=402784

長崎店長2

手を回しながら飛ぶ

長崎店長3

長崎さん、高い!

 すると、長崎さん、めちゃくちゃ高いです! そんな高くは、とても飛べません……。

「大丈夫です! 高さは気にせず、自分のちょうどいい高さで飛べばいいんです。ペースも同じで、ダイエットが目的ならば、ゆっくりと自分のペースでまずは1分飛ぶのを目標にしてみましょう」

 挑戦したところ、普通に飛べた上、めちゃくちゃ楽しかったです! ただ飛んでいるだけなのに、こんなに面白く感じるとは!!

「そうなんです、楽しみながらできるのが、トランポリンのいいところです」

 とはいえ、1分も行うと、すでにゼイゼイしてきました。初心者の場合、1~2分続けたら、休憩を取り、合計20分も行えば十分だということでした。

「一回20分程度、1週間に一回行うだけでもかなり効果がありますよ」と長崎さん。

 トランポリンは予想以上にハードなスポーツだったので、本当に無理をせず、準備運動をしっかりと行ってから体験するといいと思いました。

 なお、板橋のトランポランドTokyoは12月7日から1月8日まで改修工事でクローズ予定とか。その間は、埼玉にもあるという関連施設にレッツGOです。
※詳細はHPを参照。
●トランポリン・パーク トランポランド http://www.trampoland.com

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【にらさわあきこプロフィール】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。現在、ウェブ媒体『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて、『未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ』を連載中。
●『WEDGE(ウェッジ) Infinity』「未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ」一覧⇒http://wedge.ismedia.jp/category/mikon
●恋愛・婚活研究所ホームページ⇒http://nirasawa-akiko.wix.com/nirasawa

婚活に疲れたあなたへ 5週間で新しい恋に出会える47のレッスン

あきらめられない彼ともう一度やり直したい人も、新しい出会いを求めたい人も、「婚活ノート」を実践すれば、素敵な恋があなたのもとへ。

ボルダリング3
ナイスバディな選手だらけ!ボルダリングは…
ボクシング2
イケメンを殴る♪女性専用キックボクササイ…
土井 千春さん
たった3日間で2kgやせた「レモネードダ…
Love CHU Chance
「おフェロ体操」から夜のラブテクまで♪ …
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
kumada
高橋愛や熊田曜子も絶賛!記者の“夏老け肌…
ビューティ
sponsored

◆にらさわあきこ

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)、新しいつながり方を模索する男女のリアルな姿を描く「未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ」(ポプラ社)が4月1日に発売(予約開始中)。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから http://ameblo.jp/nirasawa-akiko

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse