大失敗!女友達にあげてはいけないプチギフト4選

<みきーるの女子マインド学>

 ギフトのやりとりがさかんな季節になりました。お歳暮やクリスマス、帰省みやげなどなど、この時期ならではのミッションに頭を悩ませている女子も、多かろうと思います。

 ところで女子には、お歳暮やお年始といった本気ギフトの他に、“ちょっとしたもの”なるプチギフトと向き合わねばならぬさだめがあります。

“ちょっとしたもの”とは、ひさびさに会う友達とか、本やCDを貸してくれた人とか、初対面の人などに渡す“友好や感謝のしるし”で、多くはお菓子の姿をしています。関西のご婦人が気さくに差し出す“アメちゃん”が起源だと思えば、おのずとその役割もわかるはず。

 女をやっている以上、“ちょっとしたもの”をあげず、もらわず浮き世を渡るのはほぼ不可能。使い方しだいで評価が大きく下がることもあるので、その扱いは慎重にせねばなりません。では、どんなものを選べば“ちょっとしたもの道”を安全に往けるのでしょうか?

女子マインド学

ちょっとしたもの選びのツボはNHK!



 焼き菓子、パック、入浴剤。この3つは、ツボを押さえたスタープレーヤーです。

 ツボとはすなわち「N(残らない)、H(ひねらない)、K(かさばらない)」のこと。

 焼き菓子やパックや入浴剤をもらっていやがる人は、まずいません。だからこそ、デパ地下の洋菓子店や駅のファンシーショップでは、“ちょっとしたもの”として求めやすいよう、レジそばに500円程度の焼き菓子やバスソルトがルルン! と並んでいるのです。

 反対にNGなのは、「後に残って、ひねりすぎてて、かさばるもの」。

“ちょっとしたもの”ならぬ“ちょっとやなもの”をもらってしまったことが、あなたにもありませんか?“ちょっとやなもの”って、たとえばこんなものたちです。

お守り



「神社めぐりが好きな友達が、ことあるごとにお守りをくれます。お守りっていくつも持つものじゃないと思うし、捨てられないから困ってしまう」(29歳・ネイリスト)

 パワースポット好きの人は、ついついお守りの収集に励みがち。受験や安産祈願など目的が明確なお守りはいいですが、“ちょっとしたもの”として選ぶにはヘビーすぎ。

お子様向けのお菓子



「クリスマス女子会のプレゼント交換で、毒々しい色のムカデ型グミが当たりました。他のコはバスキャンディとか可愛いハンドクリームだったのに、泣きたかった」(31歳・アパレル)

 ウケ狙いのグッズは、女子ギフトには御法度。この季節、「1000円以内でプレゼント交換しよっ!」なんてことも多いですが、面白お菓子を本気で喜ぶのは子供だけ。友達にトラウマを植えつけるのは、やめておきましょう。

重い野菜



「本を貸したお礼に、実家で穫れたという里芋をもらいました。出先だったので、里芋をぶら下げたまま歩きまわるハメになってつらかった」(27歳・営業事務)

“ちょっとしたもの”の使命は、いろんな意味で相手の負担にならぬこと。いくらおいしくても、物理的にかさばったり、重いものは不向きです。

里芋

布ナプキン



「ひさしぶりに会った友人が、“すごくいいよ!”と布ナプキンをくれました。でも私は紙派なので使う気になれず、もてあましています……」(30歳・書店員)

 その人のライフスタイルに抵触するものも、“ちょっとしたもの”としては踏み込みすぎ。興味があるかわからない場合は、触れないでおくのが賢明です。

“ちょっとしたもの”がきっかけで、「素敵!」と株が上がったり、「変な人」と残念に思われてしまうことも。

 女子の命運を分ける“ちょっとしたもの。あなたは、どんなものを選びますか――?

<TEXT/みきーる>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】
みきーるジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

ジャニヲタあるある+(プラス)

ジャニヲタ歴20年超の著者が、長年のヲタ活動を経て体験してきた「コンサートあるある」「テレビあるある」などを描き出します。

説教
エッチじゃない!婚活アプリで出会った男が…
プロ娘
“未婚・アラフォー・実家暮らし”女性がキ…
手つなぎチカン
“手つなぎチカン”にご用心!胸・おしりじ…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
kumada
高橋愛や熊田曜子も絶賛!記者の“夏老け肌…
ビューティ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored

◆みきーる

編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。ふだんは『週刊アスキー』などパソコン誌や女性誌、ウェブサイトで編集・執筆。著作に『ひみつのジャニヲタ』(カバーイラスト・江口寿史)『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『ジャニヲタ談話室!』など(イラストはいずれも二平瑞樹)。ジャニヲタ歴は、約20年。KinKi Kidsの担当に始まり、現在はグループを問わず応援する“事務所担”。mixiコミュニティ“ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse