流行のダイエットを医師がブった斬る!「命を縮める危険も」

 普段何げなくやっている生活習慣が、実は健康にさまざまな悪影響を及ぼしていた!? 今回は、健康や美容のためにせっせと行ってきたダイエットが不調の原因で早死にするかもしれないという話を紹介する。

糖質抜きダイエット、減塩



 これまで女子SPA!では、早死に繋がる数々の生活習慣を紹介してきたが、「長生きのために実践しているはずの健康法やダイエットが、逆に寿命を縮めていることも多い」と警告するのは、高須クリニック院長の高須克弥氏。

「最近だと『糖質抜き』ダイエットがブームですが、脳が正常に働くために糖分は欠かせない存在。糖分を抜くことで一時的に体重は落ちますが、低血糖状態だと脳の働きが低下。仕事での集中力の低下や、気分の落ち込みに繋がります。もともと糖尿病患者のための食事法であって、健康な人が過度な糖質制限をして体にいいわけがない。

『減塩』に至ってはもはや常識のように捉えられていますが、血液中の塩分が不足すると血圧を上げるホルモンが分泌され、高血圧になりやすい。日本人の高血圧患者の何割かは、減塩をやめれば平常の状態に戻るはずですよ」
生活習慣

カロリー制限



 根強いカロリー制限信仰についても苦言を呈す。

「カロリー制限をしすぎると、体に必要な栄養が不足するのは自明の理。体力の低下は当然、早死に繋がります。結局、一番健康で長生きできる体形は、適度に脂肪がついて体力がある小太り体形なんです。太っている=不健康という思い込みは今すぐ捨てるべきです」

 では、効果的な健康法とは?

「高血圧の人と低血圧の人の健康法が違うように、万人に効果的な健康法はありません。ただ、中途半端に流行りの健康法に飛びついて命を縮めるより、体が欲するままに食べたいものを食べるほうがよほど健康的です。人間の生理バランスは、そのとき必要なものを欲するようにできているから」

 欲望に従って食べることが、実は一番合理的な健康法なのかもしれない。

-要注意!危険な生活習慣【8】-

その健康法では「早死に」する!

「小太り」が一番長生きできます。「一日一食」は絶対やめて。高須病院理事長としても活躍する著者が、昨今の“危ない健康法”を断罪し、最善の長寿ライフを指南する。

ダイエットサプリを飲む人
炭水化物抜き、サプリ…“楽なダイエット”…
インチキ?効く?
流行のダイエット法はインチキ?効く?医者…
ダイエット
あのエクササイズはむしろ危険!?ダイエッ…
眼内コンタクトレンズ
近視にバイバイ!入れっぱなしでいい“眼内…
彼の前で堂々と晒せるカラダになりたい!
8kg痩せたペコもおすすめ!芸能人もハマ…
やかないサプリ
紫外線でおばさん顔になる!UVケアの一番…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse