実は簡単!「ブリ大根」をプロの味にする3つのコツ

【キレイになるお家ごはんvol.6】Read in English

 健康・美容に良い和食を、世界中の人が誰でもカンタンに作れるよう、レシピにまとめました。ヘルシーにするコツを楽しく学びながら、日本の家庭料理を楽しくマスターしましょう!

栄養のある魚を、ヘルシーな煮物でいただく『ブリ大根』



ブリ大根 冬においしい魚の煮物と言えば、「ブリ大根」。濃厚なブリの旨みが、甘くみずみずしい大根に染み込み、格別なおいしさで人気の家庭料理です。

 鰤(ブリ)は、結婚や正月の祝い事に使われたり、普段からも刺し身や焼物などでよく食べられている、日本の食文化に深く根付く魚。栄養面では、老化防止や脳の発育に良いとされるDHA・EPAが豊富で、その量は鯖(サバ)や鮭(サケ)をしのぐほどです。

 また、赤い血合いの部分には鉄分が多く含まれ、貧血予防にも良いとされています。

ぶり 魚の煮物は、生臭さが出てしまう、味がしみないという理由で、難しく思われがちですが、3つのポイントを守れば、誰でもおいしく作ることができるんです。

 それは、1.新鮮なぶりを使うこと、2.ブリを入れるタイミングを間違えないこと、3.煮汁の調合を守ること。

 ブリは切り身よりも、骨や皮のついた安価な「アラ・カマ」を使う方が、コクのある旨みが出て、おいしく仕上がります。

材料(4人分)



⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=422484

材料・ブリ(アラ・カマ・切り身) 500~600g
・大根 1/2本
・ショウガ 1/2片
・柚子 少々

煮汁 
◎しょうゆ 大さじ3
◎みりん 大さじ3
◎酒 100ml
◎さとう 大さじ1.5
◎水 220ml

作り方



1.大根は皮をむいて大ぶりな乱切りにする。ショウガは厚めにスライスする。ブリはよく水洗いして血や汚れを落とし、一口大に切り分ける。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=422485

作り方12.大きな鍋もしくは深めのフライパンに、煮汁の調味料をすべて入れて、大根とショウガを加えて火にかける。火加減は強めの中火。

作り方23.煮汁が沸騰してきたらブリを加える。アクが出てきたら弱火にして丁寧にすくう。

作り方34.落しぶたをして30分間、弱めの中火で煮る。たまに煮汁をすくいかけながら、均等に味がしみるようにする。

作り方45.煮汁が少なくなればOK。残った煮汁を全体にまとわせて、照りよく仕上げれば完成。

作り方56.器に盛り、お好みで千切りにした柚子の皮をトッピングする。

ブリ大根2<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【スギ アカツキ】
東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

Buri-daikon
Buri-daikon (Yellowt…
お雑煮
プロ級「お雑煮」は意外と簡単!おさえるべ…
だし巻きたまご
「だし巻き卵」上手に作れる?あま~くリッ…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
今度は私から彼のにキスをしました
急に冷たくなった彼…占いで判明した意外な…
ラブ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored

◆スギアカツキ

東京大学卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse