親の介護で結婚はムリ…アラフォー独り身の苦難

 両親の介護は、誰もが直面し得る大きな問題だ。しかし、年々進む晩婚化から、ひと昔前なら結婚後10年、20年してから夫婦二人で悩んでいた問題に、結婚前に1人で直面するケースが増えている

 独身の中田直孝さん(仮名・39歳)にとっては、それが結婚への足かせになっているようだ。

親の介護で結婚はムリ…

※写真はイメージです

高齢の親が独身・一人息子に同居を懇願



<中田直孝さん(仮名・39歳)/年収500万円/彼女ナシ歴8年>

 大学職員の中田さんは、かつて出版社の営業マンだったが過労で体を壊し、2年前に今の職場に転職。これを機に本格的な婚活を始めたところ、その矢先に両親から同居を迫られたという。

「もともと研究者志望で留学していたため、就職したのは30歳過ぎ。その後も遅れを取り戻そうと必死で働き、恋愛どころじゃなかった。でも、両親のせいで婚活どころではなくなってしまいました

 中田さんは一人っ子。73歳の父親は数年前に大病を患い、歩行に杖が必要など体調面での不安を抱え、今年70歳を迎える母親も衰えが目立つという。2人とも以前は、「子供に迷惑をかけたくないから老人ホームに入る」と語っていたが、「そんなことは言った覚えはない」と今では完全撤回。その急激な心変わりは中田さんを大きく困惑させている。

「仕方なく今は週末だけ実家で過ごしていますが、母親は『実家からでも仕事に通える』と言って譲りません。通えない距離ではないですが、片道1時間半はキツいですよ。もし同居するなら転職も考えなければなりません。でも、40歳目前で転職なんて大変ですし、できればしたくない。今の仕事だって教授のコネでようやく雇ってくれた職場ですし」

 結婚相談所からも「一人っ子で39歳、両親と同居では無理」と女性の紹介を断られたが、事情を知らない両親は「早く結婚してほしい。孫の顔が見たい」とプレッシャーをかけてくるという。

「実は、海外の大学に留学していた20代後半、結婚を考えていた人がいたんです。同じ留学生で研究に専念するために別れましたが、唯一と言っていいチャンスだったから本当に後悔しています」

 現在は結婚も半ば諦めモード。父親はいずれ歩行困難になる可能性が高く、将来に備えて介護講習会に参加している。

「20代は研究、30代は仕事に一生懸命取り組んでいた結果がこれじゃあまりに切ない。両親は自分に介護をしろと言うのに、老後の自分を介護してくれる人は誰もいないんですから」

 親の介護と結婚。独身で出会いもないアラフォーにとって、その両方を滞りなく遂行するのは、もはやミッション・インポッシブルだ。「いずれは結婚したい」と考えるなら、女性に限らず、男性も早めにするに越したことはないのかもしれない。

― どっちが不幸? 結婚できない男VS離婚できない男【2】 ―

親の介護費で苦しむ人につけこむ闇金の手口とは?
親の介護費で苦しむ人につけこむ闇金の手口…
都心部[年収800万円]家庭は火の車だった
介護費は月20万円、夫の不倫…専業主婦の…
介護
「人殺し!」とお年寄りに罵られ…壮絶な介…
体のラインより重要なのは…
「やばい…気持ち良すぎ」。中々イケない彼…
♂&♀
sponsored
ダイエット
あなたのお腹は“デブ菌”だらけ!?“ヤセ…
ビューティ
sponsored
占い
片思いが実ったワケ…私に自信をくれた“秘…
ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse