ガガ様、5000人斬りのC.シーン…大統領選でセレブのごひいき候補は?

 4年に一度のアメリカ大統領選挙が行われる2016年。年が明け、各候補者の選挙運動がますますヒートアップしています。

 アメリカの選挙が面白いのは、どのセレブが誰を応援しているのかはっきりとわかるところ。SNSなどで候補者への支持を表明するセレブは少なくありません。

 さて、タフな女性大統領誕生を心待ちにしているのは? 問題発言連発の不動産王をご贔屓にしているのはどんなセレブなのでしょうか?

ヒラリー・クリントン



ヒラリー・クリントン

女性初の大統領なるか?(Photo / Cjh Photography Llc)

 最も大統領に近い女と言われる民主党のヒラリー・クリントン(68歳)。

 彼女は音楽業界からの人気が高いようで、ジョン・レジェンド、スヌープ・ドッグなどのR&Bやヒップホップを代表するスターから、ビヨンセ、レディー・ガガ、ジェニファー・ロペスなどのディーバたち、ケイティー・ペリー、アリアナ・グランデなどアイドル歌手に至るまで多くのミュージシャンがヒラリー派を公表。

 ハリウッドからはリチャード・ギア、サルマ・ハエック、ジェシー・アイゼンバーグ、オリヴィア・ワイルドなどがヒラリー応援団に加入。特に、ドラマ『Girls』のクリエイターで主演女優のレナ・ダナムは、ヒラリーが立候補を発表した直後からインスタグラム上に応援コメントを投稿し続ける熱心なサポーターです。

ドナルド・トランプ



 混戦の共和党は、不動産王ドナルド・トランプ(69歳)が今のところ支持率トップを独走中。

 問題発言連発のトランプ氏。類は友を呼ぶもので、支持者には100人斬りならぬ“5000人斬り”を豪語するチャーリー・シーンや、かつて“バスケ界の悪童”として名を馳せたあのデニス・ロッドマン、サイエントロジーを信仰する女優カースティ・アレイ、狩猟が趣味で銃規制に反対しているロックミュージシャンのテッド・ニュージェントなどが名を連ねています。

バーニー・サンダース



 ヒラリー、トランプに負けず劣らずセレブから支持を受けるのは民主党のバーニー・サンダース(74歳)。マーク・ラファロ、ウィル・フェレル、サラ・シルヴァーマン、ミア・ファロー、ダニー・デヴィートなどのサポーターがいます。

 女優スーザン・サランドンは、フェイスブック上にサンダース氏のイラク戦争反対スピーチの動画をアップ。「危機的状況にある今、私たちには彼のように分別と勇気のあるリーダーが必要だ」とのメッセージを添え、サンダース氏の支持を呼びかけました。

セレブに人気のない候補者たち



 一時はトランプ氏を抜き、共和党の中では支持率トップに立った元精神外科医ベン・カーソン(64歳)にはミッキー・ロークやキッド・ロックが、共和党紅一点のカーリー・フィオリーナ(61歳)にはマーク・ウォルバーグの兄ドニー・ウォルバーグなど懐かしのスターがサポーターとなっているようです。しかし、いずれの候補者もセレブ・市民共に支持率はあまり高くない様子。

 ジョージ・W・ブッシュの弟ジェブ・ブッシュ(62歳)候補に至っては、セレブサポーターが一人もおらず支持率も伸び悩んだまま……。

「セレブサポーターが少ないこと」イコール「悪い候補者」というわけではないのですが、やはりちょっと魅力に欠ける候補者のような気がしてしまいます。

Source:
『Marie Claire』bit.ly/1S5AfLg
『US Weekly』2015年11月9日号

<TEXT/橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/

ヒラリー&ケイティ
ケイティ・ペリーはヒラリー命、大統領候補…
マドンナ
マドンナ・57歳がライブで遅刻、エロ発言…
Japanese Donald Trump Commercial トランプ 2016より_2
きゃりーぱみゅぱみゅ風のドナルド・トラン…
後藤真希プロフィール
産後10キロやせた後藤真希も実践!“スト…
ビューティ
sponsored
ぺこ
8kg痩せた「ぺこ」もおすすめ!芸能人も…
ビューティ
sponsored
まつげが自然に伸びた
すっぴんでもデカ目に!お泊りの日も怖くな…
ビューティ
sponsored

◆橘エコ

アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse