「妻にナイショでゲイ」な夫は意外と多い【ゲイパパの告白】

 

女性からすると衝撃的ですが、 実は、妻のいるゲイは意外と多いそうなのです。

 ゲイだけど女性と結婚して子供もいる「ゲイパパ」さんが、LGBTや様々な人による本音サイト「Letibee LIFE」につづった記事をご紹介します。

=========

ゲイパパ 私なりに、「既婚ゲイ」という立場の方々がどのくらいいるのか、ネット等で調べてみました。そうすると見えてきたものが…。

30代以上のゲイの2~3割は既婚…?



 ある方がネットのSkypeでのSNSサイトを使って、ゲイの方々と出会った中で、30代以上のゲイの方の2~3割(体感ですが)は、左手の薬指にリングをはめていたそうです。これには、私も驚きました。自分と同じ立場の方々が、こんなにもいるのかと。

 そして既婚ゲイの方々は、誰にもそのことを言えずに、ネット等を使って、性処理をしているようです。やはり、リアルにSEXしたり、お付き合いしたりするには、リスクがある、と感じているからでしょうか?

 これを知った時、私は、既婚ゲイの方々の苦しみを垣間見た気がしました。自分は、ブログで自分のセクシャリティを吐き出して、ガス抜きしていますが、それさえもできない方々も多いのでしょうね。

既婚ゲイの2つの種類



 では、既婚ゲイの方々には、どのような人がいるのでしょうか? これには2つのタイプがいると思います。

1.既婚ゲイを公言している人

 まず、一番ストレスのないのが、既婚ゲイを公言してしまっている人でしょう。私もその部類に入るのかも知れません。ただし、私の知る限り、家族にゲイであることを公言している人はいません。皆、家庭は壊したくない、と考えているようです。

人生はビギナーズ

映画『人生はビギナーズ』(2010年アメリカ)は、75歳で突然ゲイだとカミングアウトした父親と家族の物語。監督の実体験にもとづいている

 私のように、既婚ゲイをネット上等で公言している方々は、比較的ゲイライフに対して積極的です。彼氏のいる方も少なくありません。既婚ゲイは、ゲイから敬遠されるケースもありますが、逆に「そこに萌える」ゲイの人も少なくないようです。私も「敬遠されたケース」と「好かれたケース」の両方を経験しました。

 それに、公言すると「私も私も」と手を上げる方々も多く、「既婚ゲイだけの飲み会」なるものを開催していただいたこともあります。中には、既婚ゲイであることを「売り」に、SNSで男性と出会うなんてケースもあるようです。

2.ゲイであることを誰にも言えない人

 こういう方々が、一番多いかと思いますが、一番苦しんでらっしゃると思います。

ブロクバック・マウンテン

愛しあいながら、それぞれ女性と結婚したカウボーイを描いた名作『ブロークバック・マウンテン』

 誰にも言えないため、家族に見つからないように、ゲイの動画を隠し持って自慰で気分を紛らわしていたり、ネット上だけでつながって、Skypeなどで見せ合ったりしているようです。今はスマホがありますから、自宅でなくてもネット環境が整っていますからね。

 あと、家族には、「仕事」という名目で家を出て、実は休みを取って、発展場に通ったりしている方もいるでしょう。私も過去このような感じで密かに自分の欲求を吐き出していた時期もありました。とにかく、どこの誰かもわからない人との性交渉に走るしか手はなく、病気の危険もあるので、私はおススメできないですが、公言は絶対にできない! という方々は多いと思います。

 特に社会的地位が高い方などは、公言する、などということは自殺行為だと感じていると思います。今まで積み上げてきたものが、崩れ去ってしまう可能性が高いですからね…でも、そのことによって、家庭的な幸せを得ているのであれば、それはそれで幸せなのかも知れませんね。

既婚ゲイはどうあるべきか?



 きっとこれからも「既婚ゲイ」という立場の方々は、なくならないと思います。やはり世間体を気にする方も多いですし、子供が欲しい方もいるでしょう。バイセクシャルで男女問わず愛せる人もいるようで、LGBTと言ってもそのスタイルは様々です。

 では、「既婚ゲイ」とはどうあるべきなのでしょうか?

答えはない。

 私の答えは、これに尽きます。人それぞれの人生なので、「既婚ゲイ」はこうあるべき! という姿は、正解がないと思います。

 純粋なゲイの人でも、複数の人とお付き合いされてる方もいますよね? 日本の「一夫一婦制」を否定するわけではありませんが、円満な家庭の裏には、第3の人物の存在が必要なのかも知れません。

 あなたは、一生、一人の人だけを愛することができますか? と問いかけたいです。実際に立派に、一人の方だけを愛している方もいるでしょう。それはそれでステキです。でも、「一夫一婦制」は人間が決めたルールです。こう考えると、「既婚ゲイ」は、日本の夫婦制度に当てはまらない、特殊な人々として、今後も存在すると思います。

 既婚ゲイの方々は、いろいろ考えた末「女性との結婚」を選択したのでしょうから。

とにかく、「既婚ゲイ」は存在します。

 ゲイの人も、ゲイでない人も、「既婚ゲイ」を理解することは、難しいことでしょう。

 でも、認めてくれとは言いません。確かに「既婚ゲイ」という道を選んだ人々が実際に存在している、ということを知ってもらいたいだけです。

 既婚ゲイは、本当にいろいろなことを考えて生活しています。人生の選択肢として、「既婚ゲイ」という道があることを知って欲しいと思います。

※ゲイパパさんが女性と結婚した理由は、『手を出してこない彼はゲイかも…?ある既婚ゲイの告白【ゲイパパライフVol.1】』 http://joshi-spa.jp/381729の記事で、以前女子SPA!でご紹介しました。

⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【Letibee LIFE】
LGBTと様々な人達の視野を広げるメディアサイト。 20人以上のLGBT記者たちが、本気記事を毎日配信中
http://life.letibee.com/
※下記のような記事を掲載中
ドラマやファッションなどで人気急上昇中!2016年は中性的なレズビアンがモテる!?
『デスパレートな妻たち』のチャーリー・カーバーがゲイであるとカミングアウト

結婚式
ゲイだと隠して結婚。妻子を愛しながら、男…
写真はイメージです
手を出してこない彼はゲイかも…?ある既婚…
Hのとき鏡を…「実は彼氏がゲイだった」3つの兆候
Hのとき鏡を…「実は彼氏はゲイだった」3…
眼内コンタクトレンズ
近視にバイバイ!入れっぱなしでいい“眼内…
彼の前で堂々と晒せるカラダになりたい!
8kg痩せたペコもおすすめ!芸能人もハマ…
やかないサプリ
紫外線でおばさん顔になる!一番簡単な“飲…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse