SMAP存続へ!ファンたちの泣いた祈った6日間

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ番外編

 SMAP解散報道が出た13日から約6日。

 18日夜のスマスマ生放送で、SMAP存続を表明した5人。なにはともあれよかったけれど、この間、ヲタはヘトヘトでした。あっという間のようで長かった、狂乱の日々をおさらい!

smapsmap

1月13日(水)スポーツ紙に解散報道が出る



 まさかの解散報道に、日本中が動揺! ただ、この時点では「いつものことでしょ」とか、「あんまり騒ぐとよくないから」など、淡々と事態を見守る人も多かった。

 一方、危機感を募らせたヲタはSMAP存続を訴える署名や、「世界に一つだけの花」の購買運動を開始。また、タレントのミッツ・マングローブさんがブログで「SMAP解散、イヤだ!」と語るなど、業界にも波紋が広がり始める。

1月14日(木)『週刊新潮』が詳報を掲載



『週刊新潮』(1月21日号)に解散劇の内幕が報じられる。

 木村拓哉さん対4人の確執など、どうにも修復不可能らしい状況に、ヲタの心は暗く沈む。日頃ジャニーズに無関心な父親や上司まで、「メリーさんとI女史ってのがモメてるんだろ!?」などと絡んできて、ウザさもたけなわ。

 そんななか、毎日新聞が1月14日付朝刊の見出しに「青いイナズマ 白星発進」「作戦通り 弾丸ファイター」などSMAPゆかりの言葉を掲載、イキなはからいでファンを大いに勇気づける。

1月15日(金)木村拓哉さん「ついてきて」と語る



 中居正広さんの独立や事務所幹部の強硬な姿勢が噂される中、木村拓哉さんがラジオ『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(東京FM)で騒動に言及。

「いつか自分の言葉で話せるときが来たらお話させていただきたい。キャプテン(木村さん)を信じてついてきてください」と語り、一筋の光明が射す。

 また、同日朝の記者会見で、石破茂地方創生担当相が「あの5人がそろって発揮するあの持ち味に、多くの国民が共感している」とナイスなご発言。大臣からも追い風が……!

1月16日(土)「世界に一つだけの花」が音楽チャートで首位に



 ファンが購買運動でSMAP存続の希望を示した「世界に一つだけの花」が、レコチョクの1月16日付けシングルデイリーチャートで1位を獲得。

 また、SMAP存続署名運動は1月15日夜時点で13800人を超える賛同者があり、とりまとめた署名はジャニーズファミリークラブに提出されたとのこと。日本のみならず、世界各国からも続々と存続を望む声が響き渡った。

1月17日(日)木村さん、SMAP存続に向けて奔走!?



 木村拓哉さんが4人と事務所の間に立って、調整に動いているとの報が入る。15日にジャニー氏、メリー氏に直接電話し、「あいつらと一緒にやりたいんです」と訴えたとのこと。

 これを後押しするように、Amazon等通販サイトや街のCDショップでも「世界の~」をはじめSMAP関連商品の売り上げが激増。ファンの声は無視できないほど大きなものとなる。街角でも「夜空ノムコウ」などSMAPの曲が多く流され、ヲタの心に「大丈夫かも……!?」との安堵が芽生える。

1月18日(月)生放送でSMAP存続を発表!



 18日未明、「夜空ノムコウ」を手がけたスガシカオさんが、ツイッターで「ひとりのファンとしてSMAPにはずっと歌い続けて欲しいなと思うのです」と発信。

 ファンの結束も強まる中、18日夜放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、SMAP5人が生放送に出演。番組冒頭に存続を望むファンのメッセージが流れ、この時点でヲタは吉報を確信した。

 続いて黒いスーツ姿のSMAPが登場。この度の騒動を謝罪するとともに、ひとりひとりが自分の言葉で思いを伝えた。

 木村さんは、「これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前をみて進みたいと思う。よろしくお願いします」と話し、最後は5人そろって深く礼。

 これをもって、“ヲタの6日間戦争”も、平和的な決着となりました。

 本当によかったけれど、ファンへの落とし前は“みそぎ”とか“活動自粛”じゃなくて、心配させられたぶん、もっともっと楽しませてくれること、だと思うのです。

 大切なデビュー25周年記念イヤーは、まだ始まったばかり。「楽しくて、忘れられない年だった」と言えるよう、ひとつヨロシクお願いします!

【SMAP×SMAP】
毎週月曜22:00~フジテレビ系で放送中。http://www.fujitv.co.jp/smapsmap/

※SMAP/STAY!どうか届きますように(SMAP存続署名)https://www.change.org/

<TEXT/みきーる>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】
みきーるジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

デビュー10周年を記念したコンセプト・アルバム。「pamS(裏スマ)」より(2001年)
SMAP騒動は「にわかがアレコレ騒ぎ過ぎ…
SMAP
SMAP解散報道にヲタ絶叫、「本人の口か…
Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR"
SMAPの歌はなぜいいのか?今あらためて…
汗とニオイアイキャッチ_edited-1
くさっ!女性の「汗とニオイ」恥ずかしい“…
ビューティ
sponsored
実際にお手入れをしている女性たちは、ラブタイムにも変化が
勝負下着は見られていない!彼が気にするの…
♂&♀
sponsored
ダレノガレ明美
25kg減のダレノガレ明美がやってる“我…
ビューティ
sponsored

◆みきーる

編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。ふだんは『週刊アスキー』などパソコン誌や女性誌、ウェブサイトで編集・執筆。著作に『ひみつのジャニヲタ』(カバーイラスト・江口寿史)『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『ジャニヲタ談話室!』など(イラストはいずれも二平瑞樹)。ジャニヲタ歴は、約20年。KinKi Kidsの担当に始まり、現在はグループを問わず応援する“事務所担”。mixiコミュニティ“ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse