「北川景子が好み」とか言う、男の“好みのタイプ”を真に受けちゃダメ

 こんにちは、500人斬りの経験をもとに恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

 今回はタイトルの通り、「男の言う“好みのタイプ”を真に受けるな」というお話。

 これは別に、男が嘘を吐くから、というワケではありません。では、どういうロジックなのか。 ご説明します!

好みのタイプ

自分のことは自分が一番わかっている…わけではない



 まず、自分や女友達に照らし合わせて考えてみてもらうといいかもしれません。

 例えば、「優しくて包容力がある男が好き」と公言している女の子が結果的にオラオラな性格の男に惚れちゃうこともあるし、器量の狭い男と付き合っちゃうパターンってけっこうありますよね?

 内面の話だけじゃなくても、例えば理想のタイプはジャニ系の顔だと公言している女の子が、ジャニ系とは真逆の顔の男と付き合うなんてパターンもよくありますし。

「全然タイプじゃないのに何であんな男のこと好きになっちゃったんだろう……!」と悩んだことのある方、少なくないんじゃないでしょうか。

 そう! 誰しも、自分のことは自分が一番わかっている……と思いがちですが、人間っていうのは案外、自分のことがわかっていない生き物なんです!

 当然、それは男にも当てはまります。

「おしとやかなコが好き」と言っていた男がチャキチャキした姉御肌の女性に恋しちゃうことだってありますし、「やっぱ結婚するなら料理上手だよね」なんて言っていた男が料理経験ゼロのコと付き合い始めるなんてこともよくある話。

「北川景子が好み」なんて言っている男が、本当に恋愛対象として北川フェイスしか受け付けないのであれば、その男はもう一生、童貞のままですよ!!

過去の恋愛を洗いざらい聞くべし



 では、男性が公言している女性像を鵜呑みにしてはいけないのであれば、どうすれば本当の意味での好みのタイプを知ることができるのでしょう?

 はい、お教えします。それは、相手の過去の恋愛を洗いざらい聞いてみればいいんです。歴代の元カノはどんな人だったのか、できれば写メなどでビジュアルも見せてもらう。あとは、出会ってから付き合うまでの馴れ初めも聞きましょう。

 そうして、歴代彼女の共通点を密かに分析してみるんです。

「おしとやかなコが好き」と口では言っている男でも、実は元カノの共通点は「お酒好きで快活な性格」かもしれませんし、「有村架純みたいな顔がタイプ」とか言いながら、ちょいギャル系のコとばっかり付き合ってるなんてことも浮き彫りになるかもしれませんしね。

好みのタイプ2

イラスト:堺屋大地

 ついでに、別れた原因も聞いちゃうといいと思います。

 実は別れた原因に、その男性の“女性に対する一番のこだわり”=“絶対に曲げられない好み”が隠されているケースもありますから。

 僕のある男友達は「おとなしいコが好き」とか言いながら元カノのことを、

「二人の将来のことを真剣に話そうとしても、俺の言い方がちょっとキツくなっちゃうとすぐに黙りこくって、最終的に泣いちゃってたんだよね」

 なんていけしゃあしゃあと愚痴っていましたし……。

 要するに彼は「おとなしいコが好き」というよりも、「一見おとなしそうに見えて実は芯が強いコが好き」だったんじゃないかと思うわけです。

 ですから別れるまでのいきさつも、聞けるようなら聞いておいた方がいいかと。

 ちなみに、そんなに親しくない男性にいきなり元カノのことを根掘り葉掘り聞くのは難しいですよね。

 そんなときは、会社のランチ休憩中でも飲み会の場でもいいですが、何人かでゴハンを食べている際に、まずは自分の過去の恋愛話を口にしたり、女友達に恋愛話を振ったりするといいでしょう。その場を恋愛トークできる空気感にさえできれば、「〇〇君はどうなの?」と話を振りやすくなりますよ。

<TEXT/堺屋大地>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

イケメンの心もとらえる小悪魔テク3つ
モテモテのイケメンの心もとらえる小悪魔テ…
恋愛分母
“5人から告白される女”になるための、当…
LINE
「マメなLINE」でモテ男を落とす!ウザ…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
今度は私から彼のにキスをしました
急に冷たくなった彼…占いで判明した意外な…
ラブ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored

◆堺屋大地

恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析。他、『INLIFE』『Business Journal』『AOL News.』などで活躍。Twitter(@SakaiyaDaichi)。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse