不倫で堕ちたvs生き残ったスターたち。ハリウッド“ゲス不倫”列伝

 ベッキー&ゲス極・川谷、宮崎謙介元衆院議員&B級タレント、そして狩野英孝&B級モデル(不倫でなく浮気ですが)の騒動が冷めやらぬ日本。

 不倫行為でスターが叩かれるのは何も日本だけではありません! ハリウッドにも富と名声を持て余し、ゲスな行為に走ってしまうスターはゴマンとおり、その度にメディアのやり玉に挙げられています。

 しかし、その試練をものともせず第一線で活躍を続けるスターもいれば、落ちていくスターもいて、騒動の顛末は十人十色。最近あまり見かけないあの人も、おしどり夫婦で知られるあのスターカップルも、実は過去に不倫行為で世間を騒がせていたのです!

ブラピ&アンジーも最初は不倫だった



ブラット・ピット&ジェニファー・アニストン

在りし日のブラピとジェニファー。ホントに婚約中にアンジーとは何もなかった?(PHOTO / Featureflash)

 11年前、あのブラッド・ピット(52歳、年齡は現在・以下同じ)にも不倫騒動が持ち上がりました。お相手はご存じ、現在の愛妻アンジェリーナ・ジョリー(40歳)。

 2005年にジェニファー・アニストン(47歳)との4年間の結婚生活にピリオドを打ったブラッド。離婚の原因には数カ月前から噂されていたアンジーとのロマンスが挙げられていました。ブラット側は「ジェニファーとの結婚中に、決して不倫行為(体の関係)はなかった」と主張していますが、体の関係はなくとも心が動いていたのであれば浮気も同然。

 ブラッド、アンジー、ジェニファーともにその後、落ちぶれることなく第一線で活躍していますが、その笑顔の影にはドロドロとした三角関係があったのです。

メグ・ライアンは「痛女優」に転落



メグ・ライアン

メグ・ライアン(2009年)。現在は、激しく劣化しているとの噂も

 かつてラブコメ女王として全女子の憧れの的だったメグ・ライアン(54歳)。近頃では「痛い女優」の代表格と言われていますが、実は彼女の転落人生も不倫が原因でした。

 さかのぼること2001年、メグはデニス・クエイド(61歳)という夫がいたにも関わらず、『プルーフ・オブ・ライフ』での共演をきっかけにラッセル・クロウ(51歳)と交際を始めたのです。

 当時、全世界の映画ファンを騒がせたこの不倫騒動。結局、メグはデニスと離婚、しかしラッセルとは添い遂げられずにいまだシングルのまま。好感度ダウンで女性ファンからの支持を失い、ラブコメの仕事がまったく来なくなってしまったのでした。

ヒュー・グラントも落ち目に



ヒュー・グラント

2015年日本公開の『リライフ』DVD(上がヒュー・グラント)。がんばってラブコメやったけど、話題にならず…

『ノッティングヒルの恋人』『フォー・ウェディング』のヒュー・グラント(55歳)。こちらもかつては「ラブコメに欠かせない俳優」と言われたほど女子ウケの良い役者で、90年代のヒューの人気は絶大なものでした。

 しかし95年、アメリカの公道に停めた車中で売春婦とわいせつ行為をしていたとして逮捕。その影響を受け、2000年に妻エリザベス・ハーレイ(50歳)と離婚したことで彼のキャリアは少しずつ落ち目に……。

 離婚前後に撮影されていた『ブリジット・ジョーンズの日記』『アバウト・ア・ボーイ』を最後に、あまりパッとしない作品への出演が続いています。

クリステン・スチュワートはレズビアンに転換?



クリステン・スチュワート

クリステン・スチュワート(2015年)

 ティーンに絶大な人気を誇る『トワイライト』シリーズ。その主演コンビであるクリステン・スチュワート(25歳)とロバート・パティンソン(29歳)は、かつて実生活でも相思相愛のカップルでした。

 しかし、クリステンが41歳の妻子ある映画監督と不倫デートの末に路チューをしていたことが明るみに出て、二人は破局。ベッキーのように、公の場で謝罪するハメになったクリステンでしたが、逆にそれは熱狂的な『トワイライト』ファンの感情を逆なですることに。彼女の好感度はガタ落ちしたのです。

 現在、クリステンは清純派イメージを捨て、汚れ役も厭わない演技派にキャリア転換。私生活でもレズビアンに転換したとの噂も持ち上がっています。

Source:『Hollywood.com』http://bit.ly/1SZVSgw

<TEXT/橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/

dreamstime_xs_25135076
ハリウッドスターを骨抜きにする!? ベビ…
クリステン・スチュワート
クリステン・スチュワート新恋人は女性!母…
ジョシュ・ハッチャーソンとジェニファー・ローレンス
悲惨すぎるデート…恋愛ベタなセレブたちが…
体のラインより重要なのは…
「やばい…気持ち良すぎ」。中々イケない彼…
♂&♀
sponsored
ダイエット
あなたのお腹は“デブ菌”だらけ!?“ヤセ…
ビューティ
sponsored
占い
片思いが実ったワケ…私に自信をくれた“秘…
ラブ
sponsored

◆橘エコ

アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse