チョロ松は整形、十四松は文系男子!?元祖「おそ松くん」トリビアに驚き!

 若い女性を中心に爆発的な人気となっているアニメ「おそ松さん」(テレビ東京系)。昭和時代に一世を風靡した「おそ松くん」の“その後”が舞台となった作品で、大人になった6つ子が描かれているギャグアニメだ。

 今年は原作の作者・赤塚不二夫氏生誕80年。記念企画として、22人の著名人を講師に迎え“赤塚イズム”を講義する『バカ田大學』を東京大学で開催中だ。

 そこで、「おそ松くん」に関する講演を行ったコラムニスト・泉麻人さんの講義『シェーとは何か? Part.1』を受講し、「おそ松さん」の魅力と、そして知られざる「おそ松くん」のキャラクター秘話を探ってみた。

おそ松さん公式HP

TVアニメ「おそ松さん」公式HPより http://osomatsusan.com/

 登壇された泉さんは「おそ松くん」がマンガ雑誌で連載を始めた当時、6つ子と同じ小学生。「マンガに登場する風景も生まれ育った街並みに似ていたことから、赤塚作品の中でもっとも親しみ深いマンガです」と、「おそ松くん」との思い出を語る。

ジョン・レノンも「シェー」を! 大ブームだった『おそ松くん』



“6つ子”という斬新な設定、時代を反映した話題も多かったことから当時もかなりの人気を博していたそうだが、なかでもフランス帰りを自称する“イヤミ”のトレードマーク「シェー」のポーズは、子どもたちはもちろんのこと、長嶋茂雄やジョン・レノン、なんとゴジラまでが披露するほどの人気ぶりだったそう。

「だから、はじめはイヤミのシェーを論理的に講義しようと思っていたんだけれど、今、『おそ松さん』がすごい人気で6つ子ブームでしょ。だから、まずは6つ子の謎について迫りたいと思います」と、「おそ松くん」当時の6つ子について、アニメのコマを用いながら解説してくれた。

当初のおそ松兄弟はおっさん顔! 順番も違った!?



おそ松さん

連載当初の6つ子たち。今とは明らかに顔が違う

 スクリーンに映し出されたのは、「おそ松くん」第1話の6つ子と、母・松代。

「しもぶくれでおっさんみたいな顔。今とは全然違いますよね。お母さんが呼ぶ順番も“おそ松・一松・カラ松・チョロ松・トド松・十四松”。おそらく、長男、次男の順番もこの順だったはずなんです。

 今は“おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松”だから、いかにいい加減かがよくわかりますよね(笑)」と、泉さん。3つボタンが印象的な服装は、学生服とのこと。「昭和30年代くらいの子どもは学校に行かないときでも学生服を着ていることが多かった」と、当時の世相を反映していることを示唆した。

6つ子設定は編集者に却下されていた



 父・松造が営む乾物屋「三松屋」に泥棒が入り、6人の顔の見分けがつかなくてドタバタするというストーリーで始まった「おそ松くん」。しかし、構成の段階では編集者から反対されていたという。

「同じ顔の6つ子を主人公にしたってわかりづらいし感情移入もできないというのが理由。でも、逆を突いておかしいとなったんです。ヒントにしたものとして『オーシャンと11人の仲間』や『1ダースなら安くなる』というアメリカ映画やグループ物のコメディが、赤塚氏の念頭にあったようです」と、おそ松くん誕生秘話も語ってくれた。

「チョロ松」は整形手術を受けていた



おそ松さん2

整形で少女マンガ顔になったチョロ松

「おそ松さん」ではキャラが際立つ個性豊かな6つ子だが、「当時の6つ子は無個性で描かれていた」という。泉さん曰く、「初期は長男おそ松が舵を取る感じで、セリフのほとんどもおそ松にしか与えられていませんでした。サブリーダー的な役割を与えられていたのはチョロ松。

『おそ松さん』のチョロ松は唯一のまじめキャラだけれど、『おそ松くん』当時は過激なことをするキャラでございました」とのこと。なんでも、6つ子の中で差別化を図ってトト子ちゃんにモテたいと、整形手術を受けたんだとか。

「昭和37年の子ども向けの漫画で整形を題材にするのもすごいけど、ほかの4人は整形に失敗して、結局は整形しなかったおそ松がトト子ちゃんにモテるっていうオチだった」そうだ。

実は文化系だった? 十四松の意外な趣味



おそ松さん3

母とふたり、内緒で出かけた映画館で見つかってしまう十四松

「おそ松さん」では高いテンションと常に陽気なおバカキャラで人気の十四松も、「おそ松くん」では意外な一面を見せていたという。

「なにかのきっかけで6つ子たちが十四松を探しているときに、彼は母親とこっそり映画館で映画を観ていたんです。今みたいな体育バカとは違って、文系のイメージだったんですよ。といっても、文化系的な側面がみえるのはこの1話だけなんですけどね(笑)」と、泉さん。

 原作では個性の浮き立つ場面が皆無な十四松の貴重な一コマといえそうだ。

 後編では、さらなる「おそ松くん」トリビアを公開!『チビ太にはモデルが!イヤミの初シェーも大公開』

<TEXT/千葉こころ PHOTO提供/赤塚不二夫生誕80年製作実行委員会/ARK>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

●泉 麻人(いずみ あさと)さん
泉麻人

本講義の講師、コラムニストの泉麻人さん


1956年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、編集者を経てコラムニストとして活躍。「テレビ探偵団」や「出没!アド街ック天国」などのメディア出演のほか、多くの著書を手掛ける。2008年には「おそ松くん」を独自の目線で解説した『シェーの時代「おそ松くん」と昭和こども社会』(文芸春秋)を出版。近刊は『僕とニュー・ミュージックの時代』。

●赤塚不二夫生誕80年特別企画「バカ田大學」

http://ark.on.arena.ne.jp/bakada/20151205_20160331.html

おそ松さん3
チビ太にはモデルがいた!イヤミの初シェー…
おそ松さん
シェー!『SMAP』と『おそ松さん』の共…
『おそ松さん』予告画像(月刊YOU)
『おそ松さん』、1月15日に“少女漫画”…
彼の前で堂々と晒せるカラダになりたい!
8kg痩せたペコもおすすめ!芸能人もハマ…
眼内コンタクトレンズ
近視にバイバイ!入れっぱなしでいい“眼内…
やかないサプリ
紫外線でおばさん顔になる!UVケアの一番…
ビューティ
sponsored

◆千葉こころ

ビールと映画とMr.childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse