ゾ~ッ…引っ越し屋さんが見た最凶の汚部屋

 3~4月は引っ越しのシーズン。引っ越しサービスを利用したり、引っ越し会社の短期バイトを考えている人もいるかもしれない。

 大手運送業社の引越部門に8年間勤めたことがあるわたくし・尾山奈央が、引っ越し現場の裏側をご紹介しよう。

梱包から頼むのは“片付けられない人”が多い



 荷物の運搬だけでなく、梱包からお願いするお客さんには、様々な人がいる。妊婦さんや怪我している人など、引越作業をするには身体に不安のある人。仕事が忙しくて梱包する時間がない人などなど。でも、一番多いのは、片付けの苦手な人である。

汚部屋 私自身、片付けが得意でないが、本物の“片付けられない人”というのは、汚さの次元が違うのである。

 数々の汚部屋をみてきて、汚部屋に対してかなり免疫のある私だったが、思い出すと今でも寒気と吐き気が襲ってくる現場が一件ある。

「靴で入ってもよろしいでしょうか?」

 先輩の作業員がお客様に開口一番言ったセリフだが、こんなセリフは、引越作業員歴8年の中で、後にも先にも聞いたことがない。

 この家以外にも、靴下で上がりたくないと思う部屋は正直、何軒もあった。でも、この家だけは、靴を履かずに入ると、無傷では帰れない……そんな家であった。

次ページ腐ったベッドも「持っていく」

引っ越し
月30万円稼げるってホント?“引っ越しバ…
汚部屋
セレブ邸はゴミ屋敷だった!トイレにはなん…
彼女いない歴41年…500万円をドブに捨てたトンデモ婚活
彼女いない歴41年…500万円をドブに捨…
「あれ? 入ってる?」
“イカせて、イカされる”、最高に気持ちい…
♂&♀
sponsored
大豆
「神おやつ」発見!太らない&美…
高橋真麻2
高橋真麻アナがプロデュース!ダイエット・…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse