道端アンジェリカも夢中のダイエット法!日本上陸したコンブチャって知ってる?

 冬にため込んでしまった脂肪を、厚着でごまかせない季節がやって来ました。私も、久しぶりに会った友人に「ふっくらしたね」と指摘されまくり、ただ今ダイエットに邁進中。でも、食事制限は続かないし、運動はめんどくさい……。

 何かいい方法はないかと思っていたら、ミランダ・カーやキャメロン・ディアスら海外セレブがドハマリしている、“痩せ体質をつくる飲み物”があることがわかりました!

KOMBUCHA

ついに日本上陸! LAで話題の新デトックス法って?



 それが「コンブチャ」。「コンブチャ」と聞くと、日本の「昆布茶」が真っ先に思い浮かぶのですが、“KOMBUCHA(コンブチャ)”は全くの別物!

「コンブチャ」とは、紅茶や緑茶に砂糖を加え、ゲル状の菌を入れて発酵させることでできた「菌のドリンク」のこと。ダイエットやデトックスに強力に働きかける特殊な「酵母菌」や「乳酸菌」、食物繊維、酵素、ビタミン、アミノ酸など体にいい成分が複合的に入ってるのが、他のドリンクと違って新しいところなんです。

 とくに女性に大人気の理由は、

1.代謝アップ
2.脂肪燃焼
3.美肌効果
4.むくみづらく、太りにくいカラダを作る


 などなど、「燃焼菌デトックスドリンク」として、太りにくく痩せやすい体をつくってくれます。

コンブチャボタン すでにLAやNYなど、美容感度の高い海外セレブや健康志向の人たちの間で大ブレークしており、日本でも長谷川潤や山田優、道端アンジェリカら有名モデルが愛飲中。スムージーや酵素に代わる“第三のダイエットドリンク”として要注目です。

GLITTER

『GLITTER』12月号

安心品質で選ぶなら、オーガニック派にも人気の「コンブチャ クレンズ」



「早速試してみよう♪」と思われた方、ちょっと待った! 実はコンブチャの中には、アルコールが含まれているものや、安価な菌類を使用しているため味が激マズなものもあるので要注意なんです。

 オススメは、セレクトショップ「セパルフェ」からリリースされた『コンブチャクレンズ』

 元々「セパルフェ」は山田優らモデルたちが愛用するノンケミカルコスメのノンケミBB&パウダーに定評のあるブランドで、今回リリースされた「コンブチャ クレンズ」も品質には徹底的にこだわっています。

セパルフェ「アサイー」や「ココナッツウォーター」などのスーパーフードやオーガニック、デトックス力抜群の「ボタニカルティーミックス」など、女性にうれしいパワフルな成分を贅沢に配合。また、アルコールフリー、合成甘味料・合成着色料フリーなど、カラダにも優しく痩せやすいカラダを作れちゃいそうですね。

コンブチャクレンズ マイルドなマンゴー味で飲みやすいのも人気の秘密♪

成分

感動!「ポカポカ」「むくみスッキリ」



 実際に試してみた人からはこんな声が。

「体の中からポカポカしてきて普段でない汗がジワーっと出るんです(笑)。なかなか落ちなかった下腹からヒップ周りがスッキリしてきて、本当に燃えてるんだって実感」(30代半ば女性)

「トイレに行くたびにデットクス効果が目に見える」(30代前半女性)

「ダイエット中の『ついついやっちゃった!』っていう次の日も、コンブチャクレンズを飲むと午前中にはむくみが取れてスッキリ!」(20代後半女性)

 など、その効果に太鼓判を押す人たちが続出。美ボディ作りに貪欲なモデルや美容オタクの方たちが次々にコンブチャを自身のSNSなどで紹介したことも、巷で話題になっている理由です。

山田優、道端アンジェリカ

左:「ハワイで気になってた、コンブチャ!デトックスしてくれる菌が入っててポカポカする」(山田優Instagramより)
右:「カラダの大掃除♪#コンブチャクレンズ」(道端アンジェリカInstagramより)

 さて、問題はお値段。通常価格は1本5,500円(税抜)となかなか……。でも、今なら初回66%OFFで1,950円(税抜)。おトクにダイエットするなら今のうちってことですね。

 さあ、流行の「コンブチャ クレンズ」で、今年こそ本気で痩せやすいカラダ作りを始めませんか?

66%オフ<TEXT/林らいみ 提供/コールドフュージョン>

実際にお手入れをしている女性たちは、ラブタイムにも変化が
勝負下着は見られていない!彼が気にするの…
♂&♀
sponsored
ダレノガレ明美
25kg減のダレノガレ明美がやってる“我…
ビューティ
sponsored
本能的に「抱きたい!」と思わせる香り
色気ではなく●●が重要!彼のスイッチをオ…
♂&♀,ラブ
sponsored

◆林らいみ

フリーライター。某国立大学大学院で日本近世史を研究した硬派の歴女。だが、
ネガティブな性格とトラウマのために使える武器を使わない。たまに決心して歴
史系記事を書く。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse