出産で妻が“別人”に…デキ婚の落とし穴

 結婚して何年かすると、妻も夫も気を使わなくなってくるもの。ところが、その変化で、夫の愛が冷めてしまうこともある。「お互いさまでしょ!」とは思いつつ、夫たちのブーイングを聞いてみよう。

清楚でおとなしかった妻が、突然「べらんめぇ」調に



●井上義人さん(仮名・33歳)広告代理店・年収600万円 妻は専業主婦

 清楚で慎ましやかなお嬢様が、突然、まったく違うキャラクターに……。妻の激変に困り果てているのが井上さんだ。

「僕はもともと、メンヘラ系の女性に惹かれる傾向があって、リストカッターや複雑な家庭のコとばかり付き合っていた。『その心の隙間を埋めてやる!』って、つい燃えちゃうんですよね。

 そんなだから、まともな結婚はできないと思っていたんですが、清楚でしっかり者の彼女と出会い、初めて“家庭を築くならこの人”と思えたんです。彼女のほうから『結婚して』と懇願されたこともあり、子供ができたら腹をくくろうと、避妊しなかったら命中した次第です」

 2年間の交際中、デートはワリカン、ムダな買い物はしない。妻のまともな(ように見えた)経済観念も結婚を決めた理由の一つだった。ところが、結婚直後にボロが……。

「妻を会社の社会保険の扶養に入れたとき、基礎年金番号から、過去の年金をずっと払ってなかったことが判明したんです」

 これを機に、妻は“本来の姿”を現したという。

「それまでは清楚でおとなしく、言葉遣いも丁寧だったのに、滞納分の年金のことを問い質すと、『うっせーな! 自分で払うっつってんだろーが!!!!』と、突然、べらんめぇ口調に豹変したんです。これ以降、ケンカのたびにべらんめぇが飛び出すようになりました。

 そのうえ、妻は妊娠を機に仕事をやめ、無収入。貯金もなかったので、結局僕が払うハメに。今では“何かと不便だから”と作らされた家族カードで、妻が服や家具を買うようになり、先日は25万円も請求が来てビビりました」

 しかし、井上さんは、「妻が変わったのは、妊娠してホルモンバランスが崩れているからだろう」と、黙って受け入れていたという。

「子供が生まれるまでの辛抱だと思っていたんですよ。深夜に『マクドナルドのナゲット買ってきて』とパシリ扱いされても受け入れてました。しかも売り切れで4軒もハシゴしちゃったり(笑)。

 でも、子供が1歳過ぎても性格が改善されない。それどころか、悪化の一途をたどっています。結婚前は亭主関白だったのに、妊娠を機に完全に立場が逆転。僕が甘やかしすぎたのかもしれません……」

 最近では、妻はどんどん冷たくなっているという。

「昔は『アナタのイビキなんて全然気にならない』と一緒に寝ていたのに、子供が生まれた途端、『うるさい! 子供が泣くから』と、寝室から追い出されました」

 先日は、キレられた際に、「子供が夜泣きするから寝不足だもんな。お前がイライラするのもわかるよ」と理解を示したところ、「子供じゃなくて、アンタのイビキで寝不足なんだよっ!」とさらにキレられる始末だったとか。

「現在、僕のベッドはリビングのソファ。ソファだけは奮発して大きいのを買っといてよかったです」

 いま井上さんは、家庭生活のストレスで胃を壊し、トマトしか食べられないという。

 たぶん、奥さんに話を聞いたら、奥さんなりの言い分が山ほど出てくるのだろうけれど……。しかし、子供ができてから同じ部屋で寝なくなる夫婦は、けっこう多いようである。

― 妻が劣化!? 夫たちからのブーイング【7】 ―
<PHOTO/Doruk Sikman>

清楚な彼女
清楚な彼女が結婚で激変…信じた男がバカだ…
沖直実さん
40歳でデキ婚の沖直実が語る「女は35歳…
清楚系ビッチ
清楚な奥さまの浮気グセ…“お嬢さま校=純…
占い
恥ずかしいほど燃えた夜…。愛を取り戻せた…
ラブ
sponsored
ワキ
ゲゲッ黒ずんでる…脇や乳首の黒ずみを夏ま…
ビューティ
sponsored
むくみ
太って見える「むくみ」。放っておくと恐ろ…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse