春むくみは“かっさ”で撃退!スッキリ小顔になる

 春、薄着になる季節。

 本来ならばシェイプアップをしなければいけないはずなのですが、むしろ日に日に増量している……なんてことはないですか? 今回は、春前になぜか増量してしまったみなさまにオススメの美容法をご紹介したいと思います。

 私自身がそうなのですが、冬にそんなに太らなかったのでホッとしていたのもつかの間、春目前の最近になって、日に日に身体がデカくなってきたのですよ。

 すると、「それは春先にむくむ“春むくみ”ですね」と美容関係者さん。美容業界ではこのところ、“春むくみ”なる現象が話題になっているのですって。

「春は、季節の変わり目の中でも特に寒暖の差が激しかったり、アレルギー物質が飛び交ったりして体調を崩しやすく、そのためにホルモンバランスを乱し、むくみやすくなる人が、今増えているんです。最近の美容相談では、『冬太りを解消できない』に並んで『春むくみをなんとかしたい』という声が上位に来ているんですよ」(美容関係者)

 なるほど。増量に悩んでいたのは、私一人だけではなかったのですね(ホッ)。けれど、安心してはいられません。「むくみは放っておくとデブの原因になる」というのは、美容界の常識です。そこで、むくみを解消するのにいいと勧められた“かっさ”を使う美美容法に挑戦することにしました。

むくみには“かっさ”で 肌の奥深くまでケア



かっさ

マッサージ時に使用した陶器製のかっさ。

“かっさ”とは、水牛の角や石でできた板状のへらなどを使って、体の不調部分をこする中国の伝承療法のこと。漢字では「刮痧」と書くのですが、「刮」は「こする」という意味で、「痧(シャ・サ)」は体に出る斑点をあらわすとか。つまり、かっさをした後に出る斑点の出方を診て、診断や治療をしてきたのがかっさ療法なのですね。

 美容面での効果を見てみると、経路のつまりをとってむくみを解消したり、小顔やリフトアップ、さらにはセルライト除去などが期待されているようです。

 効果的な方法を習うため、かっさを使ったトリートメントでは老舗の「ハン・サロン・ド・ヴィサージュ」にお伺いしてきました。

――個人でかっさを使う場合、どんなものを選ぶべきですか?

かっさ

細い面を使うことで奥深くまで刺激できる。

「はい。かっさ選びで大切なのは、肌にストレスを与えないことと、肌の奥深くまで刺激できる薄い形状のものを選ぶことです。

 当店では、オリジナルの陶器製のかっさ“美肌石”を使用していますが、陶器を選んだのは、表面がなめらかなので肌へのストレスを最小限に抑えることができるのと、肌の奥深くまで刺激するための薄い形状を実現できるからです」(店長・佐々木さん)

――どのように使えばいいのですか?

「基本的には、かっさの細い面をケアしたい部分に当てて1~2センチ幅で細かく上下させながら毛細血管を刺激します。

 目の上や、首のくぼんだところなどは、横の細い面でなく、面全体を押し付けるようにして、圧をかけるのも刺激になりますよ」

 実際にやっていただいたところ、予想していた以上に細かくお肌を刺激することにびっくり。更に、凝っている部分だけにかっさを当てるのではなくて、顔全体を満遍なくていねいにケアするのも驚きでした。

――自分でケアするときのコツは?

かっさ

“滞り”の多い部分に斑点が出る

「強さは、自分が気持ちいいと感じる程度がいいでしょう。ただ、間違った方法ではお肌を傷つけてしまう恐れがありますから、一度はプロの施術を体験して感覚を覚えるのがオススメです」(同)

 さて、肝心の「斑点」ですが、45分のフェイシャルを体験させていただいた後で肌の状態を見てみると、首とこめかみ部分に赤い斑点ができていました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=79481

「”気”や”血”の通り道である『経路』に滞りがあると斑点状になるんですよ」(同)

 画像で見ると痛そうですが、感覚としてはそれほどでもなく、むしろ顔全体がすっきりした感じで、お肌自体はつややかになりました。なお、斑点は、2、3日で消えるとのことなのでご安心を。

 今回はフェイシャルで教わってきましたが、体全体に使うのもオスススメ。「かっさを使うと、シェイプアップになるし、コリも取れて体が楽になりますよ」ということでした。

 こちらのサロンのフェイシャルコースでは、デコルテ・首から顔全体をかっさで施術していただきましたが、そのうち、かっさを体に当てていたのはだいたい15分程度。

「チラッと使う」というよりも、ある程度、かっさを当て続けるレベルの長さで使うのがいいようです。 <TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

●「ハン・サロン・ド・ヴィサージュ」公式HP http://han-salon.com/

【にらさわあきこ】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動をおこなう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 (幻冬舎)など。趣味が高じて、美容本を書いたことも。

むくみ,トレーニング
これだけでむくみ解消!プロ直伝トレーニン…
着圧ソックス
むくんだ脚がひと晩で細くなる?「着圧ソッ…
脚が軽~い!
脚が軽~い!20年来のむくみを解消してく…
Love CHU Chance
「おフェロ体操」から夜のラブテクまで♪ …
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
kumada
高橋愛や熊田曜子も絶賛!記者の“夏老け肌…
ビューティ
sponsored

◆にらさわあきこ

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)、新しいつながり方を模索する男女のリアルな姿を描く「未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ」(ポプラ社)が4月1日に発売(予約開始中)。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから http://ameblo.jp/nirasawa-akiko

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse