ラーメンの鬼・佐野実さんが死去。生前語った「私語禁止の店」にした想いとは

「ラーメンの鬼」。そう呼ばれて多数のメディアに登場していた「支那そばや」創業者の佐野実さんが、4月11日に多臓器不全のため川崎市内の病院で亡くなりました。享年63。 

 店での「私語禁止」「携帯電話禁止」などを打ち出した、”めんどくさい店”のハシリでもあった「支那そばや」。週刊SPA!(2012年9月18・25号)で、佐野さんはその想いを熱く語っています。

「バカすぎ!飲食店のローカルルールに唖然」というアンチ特集だったにもかかわらず、取材を受けてくれ、取材陣を唸らせたラーメン求道者のインタビューを再録し、哀悼の意を表します。

=============

「お喋りをする客は『塩』を頼まないでください」、「強度の香水をつけた方の入店お断り」、「携帯電話の店内使用禁止」。

 今のように、メディアにラーメン職人が取り上げられることはほぼなかった時代に、そうしたルールを打ち出したことで知られる「支那そばや」創業者の佐野実氏。当時は異端視されたが、これには意味があったという。

「携帯や香水、私語、これらは全部ラーメンを邪魔するもの。だって、食べてる途中に携帯で話してたらラーメンが伸びちゃうだろ。香水もラーメンのニオイを消しちゃう。ウチはカウンター15席の小さい店だったから周りにも迷惑」

 佐野氏からすれば、すべては麺やスープをベストな状態で食べてほしい一心だったというのだ。

「こっちは真剣にうまいもん出そうとしてんのに、食べる側のマナーが悪かったらさ……。例えば、フランス料理食べに行って、そういうことする客はいないでしょ? ラーメンだってそこは一緒」

 それでもルールを守らない客は「帰れ!!」と一喝してきたという。

「そうやって帰した客は50人ぐらいはいたかな。俺、ラーメン屋25年やってるけど、『いらっしゃいませ』『ありがとうございました』は、今でも言ったことがない。頭を下げて『ありがとうございました』『また来てください』なんて言わなくたって、うまけりゃ客は来る」

 そんな佐野さんから最後に一言。

「こっちは客との真剣勝負。その店の規制が嫌なら、行かなきゃいいだけ。逆に、自信がない店は、無愛想になんかできないはずだよ。

 俺は、客へのお礼は味で返す!そう思って研究してきた」

 なるほど、たしかに佐野氏の言うことも一理あるかもしれない。

=============

 報道によると、亡くなる1週間前、本人の強い希望によって病室に「支那そばや」のラーメンを持ち込み、10本ほど麺をすすったのが”最後のラーメン”となったそうです(朝日新聞デジタル4月11日付)。

<TEXT/女子SPA!編集部>

藤巻幸大,藤巻幸夫
急死したカリスマ・藤巻幸夫さん、担当編集…
ラーメンが注文できないラーメン屋があった!?(イメージ画像)
ラーメンを頼むと怒られるラーメン屋!? …
いちなべ家,ひとり鍋
吉野家の新“ひとり鍋店”は女ひとりだと痛…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
今度は私から彼のにキスをしました
急に冷たくなった彼…占いで判明した意外な…
ラブ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse