Beauty

ツヤ肌に見せるハイライト。使いやすい2大アイテムとテクを紹介

 ハイライトってなんとなく難しそうなイメージがありませんか? いろんなハイライトがあるなかでどれが自分にあうのか選ぶだけでも一苦労。 ETVOSとNARS1 そこで、コスメコンシェルジュの筆者が、指で簡単に使えるETVOSとNARSのハイライトと、今日から使える3つのハイライトテクニックをご紹介します。  ハイライトといえどもギラつかない、素肌感のある輝きにご注目ください。

簡単に使えるおすすめハイライト

ETVOSとNARS2 上はETVOS「ミネラルハイライトクリーム」(税込3,850円)、下はNARS「メーキャップイルミネイター2344」(税込3,850円)です。一番下のNARS2は、真ん中のハイライトをのばしたもの。  同系色のハイライトでも、質感が変われば仕上がりも違うのがわかります。ETVOSはしっかりと発光しながらも上品さをキープしたハイライト。NARSは素肌をきれいに見せる自然なハイライトです。  ハイライトにはパウダー・リキッド・クリーム・スティックタイプなどさまざまありますが、なかでも使いやすいのがリキッドとクリームタイプです。ブラシを使わずに指でサッとぬることができ、量も調節しやすいことが魅力なので、時間がない朝のメイクやお直しのときに活躍してくれます。

自然なツヤと輝きが作れるクリームタイプ

ETVOS

ETVOS「ミネラルハイライトクリーム」3,850円(税込)
(※画像:ETVOS公式サイトより)

 ETVOSのハイライトは天然ミネラルと植物性オイルから作られた、なめらかなクリームタイプです。上品なゴールドパールを使い内側から発光するような輝きを放ちながら、クリームタイプならではの特徴を活かしてお肌にぴったりとフィットしてくれます。  指でポンポンとつけられるので、量と範囲が調整しやすいところもうれしいです。 ハイライトを入れる部分 ハイライトをいれる部分はTゾーンといわれていますが、Tゾーンを強調しすぎると不自然な立体感がでてしまい、お顔全体をみたときアンバランスになってしまいます。  ハイライトを入れるおすすめ部分は3か所です。 ・目元まわりのCゾーン(堀深くみせ瞳の輝きをプラス) ・唇をはさんだ上下(唇をふっくらと見せる) ・鼻筋(鼻を高く立体感をアップ)  特にCゾーンは正面からみたときはもちろん、ななめからみても横顔でもキレイに見えるおすすめゾーンです。目頭にちょこんとハイライトをつけることにより、かわいらしい目元に仕上がります。

素肌輝くツヤ肌仕込みならリキッドタイプ

NARS

NARS「メーキャップイルミネイター2344」3,850円(税込)
(※画像:公式サイトより)

 NARSはリップやファンデーションが人気ですが、リキッドタイプのハイライト「メーキャップイルミネイター」は隠れた名品として推したいコスメです。  先ほどスウォッチをお見せした通り、パールがふんだんに入っていながらも、元からツヤのある素肌に見せてくれる肌なじみのよさが特徴。  おすすめの使い方はファンデーションに混ぜてお肌にのせることです。ファンデーションとハイライトの比率を2:1くらいの割合で混ぜていつものようにぬります。リキッドタイプではありますが、重くなくサラッとした使い心地なので、ファンデーションと分離することなくきれいに混ざります。自然なツヤ肌を作りたい方におすすめです。  もちろん普通のハイライトのように部分使いもできます。乾燥しやすい秋冬はもちろん、汗をかきやすい夏場には、太陽の光に照らされたときナチュラルな輝きを放つお肌に仕上がりますよ。  ハイライトは難しいアイテムではありません。簡単に使えるクリームやリキッドのハイライトを使って、みずみずしさと立体感のあるメイクを楽しんでください。 <文/やむ>
やむ
コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定)/ 秘書検定準1級 / 温泉ソムリエの資格保有。フリーライター。温泉旅行が趣味。気がつくとデパコスカウンターにいるほどコスメ好き。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ