Entertainment

出てくる男3人は全員クズ…しまおまほ初の長編小説に悲鳴をあげた

 イラストレーター、エッセイスト、ラジオパーソナリティとして活躍するしまおまほの初となる長編小説『スーベニア』。
 フリーカメラマン・安藤シオと、彼女を取り巻く3人の男たちの恋愛物語だ。しかし、胸がキュンとするような甘酸っぱいラブストーリーを期待してはいけない。  ここで描かれているのは、34歳独身女性・シオのあまりにもリアルでシビアな「人生の選択」の物語なのだ。

主人公は3人の男の間で漂うように戸惑い続ける

 第一章の舞台は、2010年の東京。シオは、41歳の映像カメラマン・文雄に夢中だ。  しかし、出会って3年経つのに、シオは未だに文雄が何処で誰と住んでいるのか知らない。連絡は気まぐれにしかもらえず、やっと会いに来てくれたとしても、平気で2時間遅刻する。周囲の人に「彼女」として紹介してもらうこともない。  文雄との中途半端な関係に思い悩む中、美大時代の友人・点ちゃんと再会し、飲んだ帰りに、キスをされる。点ちゃんは生まれたばかりの子どもがいる既婚者だが、シオを口説いて一夜を共にする。  そして、第二章の舞台は2011年3月。 東日本大震災が発生し、不安な日々を送るシオの身を案じて最初にメールをくれたのは、昔付き合っていた角田だった。  角田は、「涙でアピールする女、大っ嫌いなんだよ」と一方的にキレて、シオに別れを告げた男だ。シオは、3人の間で漂うように戸惑い続ける。 男心と秋の空は七度変わる

3人の男は、揃いも揃って全員クズだ

『スーベニア』に出てくる3人の男は、揃いも揃って全員クズだ。  頭が悪く不誠実な文雄。軽薄で利己的な点ちゃん。デリカシーのないモラハラ野郎の角田。  どこかで会ったことあるような、友達から聞いた話の中に出てきたような、絶妙に身近にいる男たち。  しまおまほは、シオと男たちのリズミカルな会話の中に、違和感と嫌悪感をじわじわ紛れ込ませる。派手で決定的な事件をあえて描かないまま、日常の細やかな言動で彼らのパーソナリティをあぶり出す手腕は見事だ。  また、目の前にある物を羅列して挙げることで、シオの視線と読者の息継ぎが重なり、文章に一定のテンポと臨場感が生まれる。その場の情景がするすると目に浮かび、物語がグッと近くに引き寄せられる。
次のページ 
第三章のラスト一行で悲鳴を上げてしまった
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ