Entertainment

家族共演で稼ぐ「芸能人YouTuber」4人。岡井千聖は5日でチャンネル削除…

 2019年に競輪選手との不倫が報じられ、2020年5月に芸能界を引退した、アイドルグループ「℃-ute」の元メンバー・岡井千聖さん(25)。
『岡井千聖 2019年 カレンダー』(ハゴロモ)

『岡井千聖 2019年 カレンダー』(ハゴロモ)

 引退から1か月も経たない5月16日に、「岡井家チャンネル」という家族総出のYouTubeチャンネルを開設。芸能界引退からYouTube活動開始までの日が浅すぎることや、初回の動画で過去の交際人数を告白するなどの行為が物議をかもしました。  何か吹っ切れたかのような赤裸々な姿に批判が殺到し、炎上状態となっていましたが、開設からわずか5日でチャンネルを削除。YouTubeと同時にスタートしたInstagramやTwitterのアカウントも削除してしまいました…。  多くのYouTuber芸能人が誕生しているなか、岡井さんのように家族をYouTubeチャンネルに登場させることは、今や珍しくありません。そこで今回は、家族とともにYouTubeで活躍する芸能人4名をご紹介します。

1.カジサック(キングコング梶原雄太)

 2018年10月にYouTubeチャンネルを開設したカジサックことキングコングの梶原雄太さん(39)。  2019年12月末までに登録者数100万人を突破しなければ“芸人を引退する”という大胆宣言の中、凄まじい勢いで登録者数を伸ばし、1年足らずで目標を達成。現在では登録者数200万人を突破しています(2020年5月26日現在)。  芸人コラボ企画や、「はねるのトびら」の人気キャラだったカジギリスの復活コーナーなど、豊富なコンテンツが目白押し。その中でも人気なのが、なんといっても家族編。ヨメサックこと元モデルの妻、長男のとうじくん(12)、長女のかんなちゃん(10)、次男のこじろうくん(7、通称コジサック)、次女のせんちゃん(4)との企画が大人気です。  子供たちの中でも、次男のコジサックは生まれながらに高いギャグセンスを披露し、そのお茶目な姿に癒される人が多発しています。「人を笑顔にしたい」というのが面白いことが大好きな理由だそうで、カジサックの血を見事に受け継いだご様子。  今年3月に第5子が生まれたカジサック一家。子どもたちへの妊娠発表から出産の様子も公開したほか、子供のお受験レポートなど、家族生活に密接した情報が満載です。

2.エハラマサヒロ

 矢野顕子のモノマネなど、器用な芸で知名度を上げた芸人・エハラマサヒロさん。2017年には『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)で初優勝を果たすなど、その実力は衰えません。  エハラさんは、2019年11月にYouTubeチャンネル「エハラ家チャンネル」を開設。2歳年上の妻ちーちゃん、長女・美羽(みう)ちゃん(9)、次女・風羽(ふう)ちゃん(7)、三女・音羽(おとは)ちゃん(4)の三姉妹、そして長男・羽汰(うた)くん(1)との日常の様子を公開し、現在は登録者数11万人を突破しています(2020年5月26日現在)。  チャンネルでは、羽汰くんのモーニングルーティーンや三姉妹の100均コスメチャレンジなど、子供たちの激カワ動画をはじめ、奥さんによる子育て相談コーナー、キャラ弁作り講座など、ママたちが喜ぶ情報をお届け。なかでも、羽汰くんの愛くるしさは悶絶レベルで、三姉妹はもちろん視聴者たちをメロメロにしています。父親ゆずりのモノマネスキル(?)でお父さんのエクササイズを真似したりと、チャーミングな姿をたっぷり見ることができます。  動画を見ている自分が親になったかのような気持ちで、子供たちの成長を楽しむことができるのも醍醐味ですね。
次のページ 
大食い3兄弟の食いっぷりがハンパない…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ