Fashion

恥ずかしい“汗ジミ”を見せない服選びのコツ。花柄やドット柄は使える

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。早いもので、もう季節は初夏ですね。さて、これからの時期で悩ましいことといえばそうですアレです。汗ジミ……ですよね。汗っかきさんはすでにもう脇汗問題に悩んでいるのでは?
脇汗

写真はイメージです

 そこで今回は、汗ジミが目立ちにくいトップスの選び方をご紹介します。

汗ジミが目立たない鉄板カラーは?

 よく汗が目立ちやすい色として挙げられるのはグレーのトップスですよね。汗を吸い込んで部分的に色が濃くなってしまうので見た目からして汗をかいているのがバレてしまいます。 初夏トップス 汗ジミはトップスが明るい色よりも濃い色のほうが目立ちにくいです。例えばグレーはグレーでもライトグレーではなくダークグレーならOK。この他、鉄板カラーとしてネイビー・ブラックもオススメです。カーキはちょっとグレーゾーンですね。アイテムの色合いと素材によって汗ジミが目立つ場合があります。濃厚で深みのあるカーキなら目立ちにくいので色の濃さで判断しましょう。  逆に明るい色は全てNGかと言われればそうでもありません。例えば白、白に近いオフホワイトは比較的、汗ジミが目立ちにくいです。が、汗を吸い込んだまま放置すると酸化して黄ばみやすいのでお洗濯はその日のうちにが鉄則。

速乾性&洗濯しやすい素材は?

 汗ジミを目立たせないお洋服選びとして外せないポイントはお洋服の素材そしてデザインです。汗ジミが気になりにくい素材はポリエステルです。ポリエステルは速乾性が高く、汗をすぐに蒸発してくれるためサラサラとした質感を維持します。ブラウスなどはポリエステル素材がメインのアイテムを選ばれると良いですね。 初夏トップス デザインは袖口がピッタリしているものは脇汗が付着しやすく汗ジミの原因に。アームホール(袖の付け根)が広く風通しの良いスリーブデザインを選びましょう。おすすめはフレアスリーブ、バルーンスリーブ、ドルマンスリーブなどです。そして、トレンドのドロップショルダーもアームホールが広いデザインなのでぜひ取り入れてみてくださいね。

無地より柄トップスのほうが目立ちにくい

 また、無地のトップスよりも柄が入っているトップスのほうが汗ジミも目立ちにくいです。明るい色のトップスを着たいけれど、汗ジミを気にして着られない……という方は総柄デザインのトップスを選ばれると良いのではないでしょうか。  なかでも花柄やドット柄は視線を分散させるので最適です。ぜひこれらを踏まえて汗ジミ対策も兼ねたトップスを選んでみてくださいね! <文&イラスト/角 佑宇子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
角 佑宇子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ