Lifestyle

「あなたの大切なものは全部奪う」離婚を告げたら妻が脅迫…夫がとった作戦とは

ぼくたちの離婚 Vol.15 夜と霧 #3】  イベント企画会社勤務の仲本守さん(仮名/現在48歳)は、心を患っていた志津さん(仮名/現在43歳)と結婚。彼女からの束縛、被害妄想、癇癪に悩まされていた。夜、布団に潜ってプレイする携帯ゲームの『倉庫番』だけが唯一の精神的自由(詳しくは前回記事「親友からの結婚祝いも捨てる妻…『地獄の束縛』に夫が耐えたワケ」を参照)。しかし、それだけで仲本さんの抑圧は解消されなかった……。

アブノーマルなポルノが抑圧のはけ口に…

「何がきっかけだったかは、覚えていません。志津が寝静まってからベッドを抜け出して自室にこもり、ネットで拾ったポルノ動画を無音で再生して自慰をするのが習慣になりました」  しかも、そのジャンルは少し変わっている。当初は「女子高生イジメもの」「断髪や剃毛を伴うSMもの」「ハードなレイプもの」が中心だったそうだが、やがて性行為を伴わないハードなフェチビデオや写真に手が伸びていった。
※写真はイメージです

※写真はイメージです(以下同)

「包帯フェチ、ギブスフェチ、ボンデージの拘束服、あとは……“全タイ”って知ってますか?」  全身タイツ。光沢のあるタイツを頭まですっぽり覆う状態を見たり体験したりすることで性的に興奮する、フェチズムの一分野である。 「女性の身体欠損の写真もたくさん集めました。海外サイトにはすごい写真が落ちてたんです」 「身体欠損で性的に興奮した」と、仲本さんははっきり言った。  人の性的嗜好をとやかく言うつもりはない。ひとつ言えるのは、仲本さんが挙げたポルノの共通点は概ね、ある種の支配欲と嗜虐心を満たすものばかりだということだ。これは、志津さんに抑圧され続けた日々の反動なのだろうか。

結婚生活で“スイッチ“が入った

「わかりません。こういうフェチジャンルの存在は20代の頃から知っていて、興味がなかったと言えば嘘になりますが、自慰に使ったことはそれまでに一度もなかったんです」  その言葉を信じるなら、結婚生活で何らかの“スイッチ”が入ったことになる。 「ハードなフェチものの動画はネットに落ちていないので、通販でDVDを買うんですけど、普通のAVよりはずっと高い。1万円以上するのはザラです。ただ、家のポストに届くと大変なことになるので、会社近くの郵便局留めにして、昼休みに取りに行っていました」
次のページ 
「病気のことは絶対に他言するな」
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ