♂&♀

なぜ男性は最後までイキたがるの?こっちの身にもなれ…|性活相談

AV男優・森林原人の性活相談 第178回】

正直いい加減にしてほしいです…

正直いい加減にしてほしいです…

写真はイメージです(以下同)

相談者:匿名・年齢不明・既婚  不躾な質問ですみません。なんで男性は、完全に勃起していない状態でも挿入しようとしたり、挿入後にだんだん萎えてきた状況でも最後まで遂行しようとしたりするんですか?  こちらとしてはある程度の硬さがないと気持ちよくないし、余計な負担がかかって痛い…。あそこが乾いてしまい、更に痛くなる悪循環なのに、男性が無理やりにも貫徹しようとするので、感心もしますが、ぶっちゃけ「いい加減にしろ! 諦めろ!(こっちはもう冷めきってるんじゃ~!!!)」と叫びたいです…。  夫が時々そんな感じになるのですが(無事にフィニッシュすることのほうが多いです)、過去にお付き合いした男性の一部も同じような感じでした。 1. 男性は、半勃ちの状態で入れてて気持ちいいんでしょうか? 2. 勝利(射精)が見えない状況でも攻撃を続ける心理はなんなのでしょうか? プライド? 3. そんな状況になったときに、男性のプライドを傷つけることなく「もう諦めなさい」と伝える方法はありますか?

森林の回答

勝ち(射精)にこだわる男性の心理とは 思い当たる節がありすぎて、身につまされます。本当に往生際が悪いことこの上ないですよね。その節は心身共に負担をかけて申し訳ありません。悪いのはほとんどこちらですが、あまり自分を責め過ぎると自己否定のループにハマって抜け出せなくなるので、訳を説明させてください。

勝ち(射精)にこだわる男性の心理とは

 僕たちは、男女関係なくあなたも彼もほとんどの人が物事を二元論で考えるようになっています。白黒、正解不正解、損得、善悪、成功失敗。そして勝ち負け。これは世の中がそうなっているからです。そういう世の中で育った僕たちは、この思考方法に縛られます。テストではずっと正解を選べと言われ続けます。世の中に出たら経済活動をしていく上で損得を最優先に考えさせられます。家庭では善悪を押し付けます。  僕たちが生きる現代は、資本主義社会で皆が平等であり、自由を手にしているということになっているもんだから、能力による競争が当然になりました。競争だから順位がつき勝ち負けや優劣が生まれます。負けないためには勝たなければいけない、というプレッシャーを男らしくありたいと思う男性ほど持ち続けます。勝負は恋愛にも持ち込まれます。他の男に負けない。女になんか負けない。過去の自分にも負けない。 勝ち(射精)にこだわる男性の心理とは わかっていても、「馬鹿だよねぇ」と自分自身の滑稽さを笑い飛ばせないから厄介なのです。だって負けるのは怖いから。一度負けてしまったら、もう立ち上がることができなさそうだから、なんとしてもしがみつきたくなるのです。本当は存在しない男らしさに。意味のない勝ちに。

かけても意味がない言葉

 あなたが「いいんだよ、私の前では勝ち負けなんか気にしなくても」と言ってくれたとしても、苦しみがなくなるわけでは無いのです。勝負からは解放されても、今度は何を軸にして自分の価値を見出していけばいいのかがわからなくって迷子になっています。 「ありのままで、個性でいいんだよ」と言われても、そんなに自分のキャラや人格に絶対的自信を持っている人は少ないです。他者との比較の苦悩から、自分探しの苦悩に変わるだけで、苦悩そのものがなくなるわけじゃないんです。自分に自信がなければ、誰かに愛される資格があると思えませんから、相手の愛情を素直に受け入れられません。
次のページ 
じゃあどうすればいいの?
1
2
3
Cxense Recommend widget
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.




あなたにおすすめ