Entertainment

渡辺麻友の引退で振り返る「去り際がいさぎよかった女性」5選

 元AKB48で、女優として活動していた渡辺麻友が6月1日、芸能界引退を電撃発表しました。「神7」メンバーでは初。「健康上の理由で芸能活動を続けるのが難しい」と本人から申し入れがあったことを、所属事務所が明かしています。
『Best Regards!』(SMR)

『Best Regards!』(SMR)

 アイドル時代からノースキャンダルで、“週刊誌泣かせ”。仕事に対しては真面目で、完璧主義者として知られていました。  突然の発表にファンは、「長い間お疲れ様でした」「この先たくさんの幸せがまゆゆに降りそそぎますように」と感謝。引退報告の約7時間後には105万人がフォローしていたツイッターのアカウントが消え、「まゆゆらしい」潔い幕引きとなりました。

堀北真希 第一子出産し引退。家庭に専念

 4月から特別編が放送され、安定の視聴率を残した05年の日テレ系ドラマ『野ブタ。をプロデュース』。SNSでは、ヒロインを演じた堀北真希についての書き込みも見られました。
『ミス・パイロット DVD-BOX』(ポニーキャニオン)

『ミス・パイロット DVD-BOX』(ポニーキャニオン)

 堀北は15年8月、俳優・山本耕史と電撃結婚。「交際0日婚」として世間を驚かせました。翌16年12月に第1子を出産すると、「家庭に専念する」として17年2月末日で所属事務所を退社。それ以降、表舞台に出てきていません。  芸能界デビューした実妹のMANAMIによれば「(姉は復帰)しない」。28歳でキャリアを捨て、スパッと家庭に入れる潔さが堀北の魅力でした。

橋本奈々未 弟の学費のめどがつき一般人として歩む決意

 堀北と同じ時期に引退したのが、乃木坂46の中心的存在だった橋本奈々未。グループでは白石麻衣や松村沙友理らと並ぶ人気メンバーで、ファッション誌『CanCam』の専属モデルも務めました。
『乃木坂46 橋本奈々未の恋する文学 - 夏の旅』(UHB北海道文化放送)

『乃木坂46 橋本奈々未の恋する文学 – 夏の旅』(UHB北海道文化放送)

「24歳になったころには、普通の女性として生きていこうと思っています」。ラジオ番組でそう語っていた橋本は元々、ガスや水道が止まるほど経済的に苦しい家庭で育ち、アイドルになったのも弟の学費のため。そのめどがついたため、一般人として歩む決意をしたと告白していました。  元HKT48の指原莉乃は、橋本について「かっこいい決断だと思いました」と応援。「裏でサポートする方が合っている」という彼女が、現在どんな人生を歩んでいるのか気になるところですね。

安室奈美恵 『いい状態の安室奈美恵』を思い出として残してほしい

 平成で記憶に残るといえば、歌手の安室奈美恵ではないでしょうか。デビューから25年で、シングル総売上枚数1768.5万枚、アルバム総売上枚数1850.4万枚を記録。“アムラー”世代の30~40代にとってはカリスマ的存在です。
『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』(エイベックスエンタテインメント)

『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』(エイベックスエンタテインメント)

 2018年9月16日をもって芸能活動を終了。「ファンのみなさんに『いい状態の安室奈美恵』を思い出として残してほしい」。引退を決意した理由の1つを、昨年1月放送のドキュメンタリー番組『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第4回「安室奈美恵 最後の告白」』で明かしました。 「いろんなことがめまぐるしく流れていった時間を濃厚に過ごして、25年間を悔いなくやりきったというのはあります。14歳でデビューした女の子が40歳まで音楽に携われるなんて思ってなかったので、本当に奇跡」  同番組でそう胸の内を語った安室。25年間、ブレずにファンを魅了してくれました。
次のページ 
山口百恵、前田有紀アナも潔く引退
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ