Entertainment

ローラと浅田真央は同い年。今年30歳のちょっと意外な有名人たち

 1990年生まれは今年、30歳を迎えます。20代のころは30という響きに対してなんとなく身構えたり成長を期待したりしてしまいますが、いざなってみると「たいして変わらないなぁ〜」というのが現実かもしれません。  さて、みなさんがご存知の有名人たちも節目を迎えます。そこで今回は、「あの子がもう30!?」「この2人が同い年!?」と思うような、意外な有名人を紹介していきましょう。

ローラ 自身のライフスタイルブランドを開始

 現在は米・ロサンゼルスを活動拠点にしている、モデルのローラ。3月30日の誕生日は、動物たちに囲まれてアメリカらしく手作りカップケーキでお祝いしたことをインスタで報告しています。  2017年夏に所属事務所との契約トラブルが表沙汰になり、2年前の誕生日に和解を報告。テレビ番組で見る機会はグッと減りましたが、ユーチューブチャンネルの開設やアディダスとのパートナーシップ締結。そして6月5日にはサスティナブルなアイテムを取りそろえたライフスタイルブランド「STUDIO R330」をローンチするなど、今は実業家としても多忙なようです。 「もっとたくさんお勉強して自分が経験した事のない人にふれて、誰かを幸せにする事ができたらいいな」。30歳の抱負をそう述べていたローラ。新ブランドはその一歩というところでしょうか。

三浦春馬 日本の伝統に興味を持ち書籍発売

 NHK朝の連続テレビ小説『あぐり』(1997年)でデビューした俳優の三浦春馬。2007年の映画『恋空』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞すると、その後は多くのドラマや映画に主演。26歳のときには、ミュージカル『キンキーブーツ』でドラァグクイーン役に挑戦しました。  もはや“やり尽くした感”がある三浦が興味を持ったのが、日本の伝統。4年もの歳月をかけて47都道府県をめぐり、それをまとめた書籍が4月5日の自身の誕生日に発売されました。  短期留学時に「日本のことをまるで知らないのが恥ずかしかった」そうで、「いつか外国語が堪能になったときに、日本の魅力を海外の人々に魅力を伝えられたら」という思いも、この仕事を受ける要因だったそうです。  英語でSNSを更新することもあり、着実にグローバル化している三浦。「ハリウッド進出」のニュースを耳にする日もそう遠くないかもしれません。

浅田真央 アイスショーをプロデュース

 天才フィギュアスケート少女だった浅田真央も、9月で30歳になります。ジュニア時代から世界で活躍し、日本で知らない者はいないほどの超人気選手に。10年のバンクーバー五輪で銀メダルを獲得、14年のソチ五輪は6位入賞に終わるも、フリーで見せた演技は日本中を感動させました。  17年4月に現役を引退。現在はアイスショーをプロデュースし、全国で公演を開催しています。あどけなかった真央ちゃんも今では大人の色香をまとい、しっとりした着物姿や白パンツスタイルを自身のインスタで披露。「女神のよう」「麗しい」とファンはゾッコンです。  ここ最近は、テレビ番組で恋愛事情や結婚について語ることもあります。時の流れはなんと早いことでしょうか。
次のページ 
加藤紗里や「笑わない男」も…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ