Lifestyle

リアルな猫ちゃんはなんと鉛筆画。作者が語る、亡くなった愛猫への想い

 感動を与える鉛筆画。猫のかわいさをリアルに表現した西方由美さん(@tarakuro510)の作品には、そんな言葉がよく似合います。  ふわふわの被毛や無邪気な表情など、猫好きさんを虜にする猫の愛くるしさが繊細なタッチで描れた猫の鉛筆画……。その裏には、亡き愛猫たちへの深い猫愛がありました。

命をもって猫の魅力を教えてくれた「愛猫たち」

「オーダーでは犬も描かせていただいていますが、自らモデルに選ぶのは猫だけです」  そう打ち明ける西方由美さんが猫の鉛筆画を描き始めたのは、18年間一緒に過ごした愛猫タラコちゃんが旅立った翌年のこと。 「今から3年ほど前のお盆に、絵でも描いてみようと思って手持ちの画材でタラコや、その子どもで当時一緒に暮らしていたクロをモデルにしました」  その頃にタラコちゃんをモデルにして描いた「ひだまり」という作品は、今の西方由美さんの原動力になっているよう。
西方由美さんがタラコちゃんをモデルにして描いた「ひだまり」

西方由美さんがタラコちゃんをモデルにして描いた「ひだまり」

「この作品は初めてしっかり背景を描いたものでした。まだフォロワーさんも少ない頃でしたが、SNSにアップしたらいろいろな方に反応していただけて、とても嬉しかった。その経験が今につながっています」  また、19歳のクロちゃんを描いた「19」という鉛筆画も大切な一作。今でも目にするたびに、クロちゃんと過ごした日々が頭によみがえります。
19歳のクロちゃんを描いた「19」という作品

19歳のクロちゃんを描いた「19」という作品

「クロは甘えん坊で、おしゃべり好きな女の子でした。よくタラコが寝ているところへ行ってはぴったりとくっついて眠っていました。おやつをあげる時に『タッチ』と言って私が手を挙げると、タッチしてくれて」

クロちゃんとのかけがえのない日々

 犬のように賢いクロちゃんとの楽しい日常。そんな日々に暗雲が立ち込めたのは、2018年夏のこと。20歳になったクロちゃんは徐々に食欲が落ちていき、ついにはまったく飲まず食わずな状態に。 「高齢のため詳しい検査もできなくて、獣医さんもお手上げ状態でした」  吐き戻さないから、体が拒否しているわけじゃない。そう自分に言い聞かせながら、毎日クロちゃんに強制給餌を行い続けました。  すると、2週間後、奇跡が起きます。 「自分からドライフードを食べるようになってくれたんです。その姿を見たときは、言葉にできないほど嬉しかった。クロの生命力を信じ続けてきてよかったと思いました。辛い中、付き合ってくれたクロに感謝の気持ちでいっぱいでしたね」  それからクロちゃんは1年ほど生き、最後まで愛されながら永い眠りにつきました。
西方さんにたくさんのことを教えてくれたというクロちゃん

西方さんにたくさんのことを教えてくれたというクロちゃん

「タラコとクロにはその命をもって、本当にたくさんのことを教えてもらいました」  共に過ごした2匹にそんな思いを抱く西方由美さんは猫という“一生懸命生きることしか知らない存在”に敬意と感謝を持ちながら、鉛筆画で猫愛を表現し続けているのです。
次のページ 
“そこにいる”ように思える鉛筆画を
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ