News

名古屋人と大阪人は不仲なの? 大村 VS 吉村知事のバトルと県民性

 最近、大阪府の吉村洋文知事と愛知県の大村秀章知事の対立が注目されています。
大阪府・吉村洋文知事(画像:吉村洋文公式サイトより)

大阪府・吉村洋文知事(画像:吉村洋文公式サイトより)

大阪府知事と愛知県知事がコロナで対立、リコール運動もからむ

 5月11日の記者会見で、大村県知事が、東京・大阪は医療崩壊が起きたと指摘しました。
愛知県・大村秀章知事(画像:大村秀章公式サイトより)

愛知県・大村秀章知事(画像:大村秀章公式サイトより)

 これに対して、吉村府知事は5月27日に自身のTwitterで「大阪で医療崩壊は起きていません」などと反論。両者の間でバトルが繰り広げられたたのです。  その後、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(愛知県出身)らが、大村県知事をリコール(解職請求)するため政治団体を立ち上げたと発表しました(6月2日)。  この発表記者会見の前日、高須院長は自身のTwitterにて、「吉村知事のご臨席の栄を賜れれば」と会への参加を呼びかけたところ、吉村府知事は、公務を理由に断りつつ「リコールは簡単にはいかないと思いますが、応援してます、なう」と返信しました。
 そもそも、大村県知事と吉村府知事の対立は、昨年に問題化した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」から始まっていました。表現の自由の見地から、企画展「表現の不自由展・その後」の展示を認めた芸術祭実行委員会会長・大村知事に対して、吉村府知事が「知事として不適格。責任をとらないといけない」と批判したのです。

ネットでは対立激化。ハッシュタグで競い合う?!

 知事同士のやり合いを受けて、Twitter上では一般人も含めて論戦が激化しています。  例えば、吉村府知事が属する政党「日本維新の会」の代表でもある松井一郎大阪市長は、先月27日、大村県知事への反論ツイートを投稿した際に、<#大村寝てろ>とハッシュタグをつけました。
<画像:松井一郎(大阪市長)Twitterより>

<画像:松井一郎(大阪市長)Twitterより>

 これには、ネットで賛否が大きく別れました。  吉村府知事・松井市長を支持する人たちは、「大村知事、松井市長にタグで直撃くらって草www(※ネット用語で笑ったことを示す表現)」「先にケンカを売ったのは大村知事だ」「大阪にからんで目立とうとしてんのか!」など大村県知事を批判。近畿地方のTwitterでは<#大村寝てろ>がトレンド入りしました。  一方、大村知事を擁護する意見は、「(吉村&松井は)科学的な根拠で反論しては?」「公人がこんな下品な発言をするとは」「防護服のかわりに雨ガッパを集めた人が言えること?」といったものが見られました。  また、高須院長らによる大村知事へのリコール運動が始まると、〈#大村知事のリコールを支持します〉〈#大村知事リコールに反対します〉それぞれのハッシュタグをつけた両陣営の投稿が増加。  6月に入り<#関西民放5局の偏向報道に抗議します>のハッシュタグがトレンド入りし、「日本維新の会」の政治家のメディア露出の多さや保守系の論者を多くキャスティングする関西ローカルテレビ番組に違和感を示す投稿も増えています。

愛知と大阪はどんな県民性?

 こういったネットも巻き込んだ令和の“戦(いくさ)”を『名古屋の品格』『新・出身県でわかる人の性格』などの著者で、名古屋育ちの岩中祥史さんにうかがいました。(尾張<名古屋がある愛知県西部>と三河<愛知県東部>は気質が違うという説もありますが、ここでは愛知=名古屋と表現しておきます)  大村知事の「大阪は医療崩壊」という愛知からの指摘に、大阪人が感情的に反発している状況について、「大阪人は、東京からのダメ出しには、まだ耐えられるけれども、日頃軽く見ている愛知からの指摘には腹が立つため」という見方もあるようですが…。 「大阪が名古屋=愛知を軽く見ていることはありませんが、“リスクを恐れないほうが世の中では上”というのが大阪の考え方。長い間経済で成り立ってきた大阪はリスクを恐れない。  それに対し“触らぬ神に祟(たた)りなし”=リスクを嫌う名古屋からとやかく言われるのはイヤなんです」(岩中祥史氏。以下同じ)
次のページ 
大阪と名古屋、400年前の因縁
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ