Gourmet

あぶり料理が“1000円バーナー”でできる。クリームブリュレも作れちゃう

 SOTO(ソト)の「ポケトーチ」は、使い捨てライターの火力を強める便利アイテムです(Amazonで1090円〜)。なんと炎温度が約1300℃まで上がるのだとか!  アウトドアでよく使われていますが、今回はチーズを炙ったり、クリームブリュレを作ったり…炙り料理にチャレンジしてみました。 使い捨てライターが小型バーナーに大変身! 火力はどうなのか、怖くないのか、料理に使えるのか、など徹底レビューします!

使い方は簡単!使い捨てライターを入れるだけ

 SOTOポケトーチは、使い捨てライターを入れるだけで、小型バーナーになります。 使い方は簡単!使い捨てライターを入れるだけ 使い終わっても、また新しいライターを入れると使えるので、使い捨てライターの消費に困っている人にもピッタリ。  ガスバーナーを使って、炙り料理にチャレンジしてみたいけど、怖くて使えない…。という人にもおすすめです。

SOTOポケトーチとガスバーナーの違いは?

SOTOポケトーチとガスバーナーの違いは? SOTOポケトーチは、ライターなので、使い捨てライターが少し大きくなった程度。一方、ガスバーナーは、カセットコンロのガスボンベと同じくらいの大きさなので、場所をとります。  ガスバーナーの火力は強いので、炭に火をつけたり、食材を炙るのに便利です。しかし、ガス漏れの可能性はあるし、音はデカいし、火力もあり過ぎるしで怖いですよね…。 SOTOポケトーチとガスバーナーの火力の違い・ガスバーナー SOTOポケトーチは、ガスバーナーより火力は劣りますが、火力調整をする必要がないので、普通のライターみたいに使用できます。 SOTOポケトーチとガスバーナーの火力の違い・ポケトーチ

明太子や〆サバなど定番食材を炙ってみた!

 今回、SOTOポケトーチで4種類の食材を炙りました。 ・明太子 ・〆サバ ・クリームチーズ ・野菜の皮むき(トマト)  まずは、明太子から! 明太子や〆サバなど定番食材を炙ってみた!・明太子 炙っていると、パチパチ~ッという音が出ます。居酒屋の厨房にいるような気分です。 明太子や〆サバなど定番食材を炙ってみた!・明太子完成 炙る時間も少なく、すぐに「炙り明太子」が完成しました。おつまみにも、ご飯のお供にもGOOD! 火力は強くないので、ごはんに明太子をのせ、そのまま炙ることもできます。  続いては、〆サバを炙ります。 明太子や〆サバなど定番食材を炙ってみた!・〆サバ トレーが溶けてしまうので、お皿に移しました。 トレーが溶けるのでお皿に移しましょう 明太子と同じく、パチパチッという音がでます。一切れを炙るのは簡単なのですが、半身すべて炙るのには時間がかかりました。 明太子や〆サバなど定番食材を炙ってみた!・〆サバ完成 〆サバの食べる部分だけ炙るか、お寿司など小さな魚を炙るのがおすすめです。炙ると高見えするので、食卓が潤うこと間違いなし!  続いては、クリームチーズを炙ります。 明太子や〆サバなど定番食材を炙ってみた!・クリームチーズ 簡単にササッと炙ることができました! 明太子や〆サバなど定番食材を炙ってみた!・クリームチーズ完成 焼き豆腐のような見た目に。炙った熱で、クリームチーズが柔らかくなりました。 炙りクリームチーズにはちみつをかければスイーツにも はちみつをかけると、スイーツに。おやつにも、お家パーティーにもピッタリです。  最後は、野菜の皮むきにチャレンジ! 今回は、大玉トマトを使用しました。 ポケトーチでトマトの皮むきにもチャレンジ 大玉ということもあり、時間がかかります。湯煎で皮むきした方が早そう…。 ポケトーチでトマトの皮むき、時間がかかったけど完成 時間はかかりましたが、ツルッとキレイに剥くことができました。プチトマトなど、小さい野菜を皮むきするときにSOTOポケトーチを使うのが良いでしょう。
次のページ 
クリームブリュレも作れちゃう
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ