Gourmet

手でコネコネ「原始クッキー」作りが超楽しい。道具いらずの簡単レシピ

“手作り”に、あこがれて。 原始クッキー 手作りクッキーを焼いてみたい。そんな憧れを持っている人はいませんか? でもいざ作ろうとして、「オーブンがない、生地をのばすためのめん棒がない、かわいい型抜きがない……」といった問題にぶち当たって、断念してしまうこともあるかもしれません。日頃の料理以上にお菓子作りは難易度高めです。  そこで今回は、そんな悩みを超手軽なレシピで解決してみましょう! 特別な器材やテクニックは一切不要。手でこねて、トースターで焼くだけの、とっても簡単で素朴な「原始クッキー」のレシピをご紹介したいと思います。

使う材料は、4つ。小麦粉、砂糖、バター、アーモンドパウダー

原始クッキー 用意する材料は4つ。 ・小麦粉(ふるっていなくてOK)100グラム ・砂糖(上白糖、グラニュー糖、三温糖などお好みのものでOK)100グラム ・バター(有塩・無塩どちらでもOK)50~70グラム(※) ・アーモンドパウダー 50グラム ※カロリーが気になる人は、バターを50グラムにすると良いでしょう。

あとは、材料を手で混ぜてこねるだけ

 作り方は簡単です。バターはあらかじめ常温に戻しておきましょう。他の3食材(小麦粉・砂糖・アーモンドパウダー)をボウルに入れて手でよく混ぜます。 原始クッキー 常温に戻したバター(クリームのように柔らかい)を加えて、手で良く混ぜてください。 原始クッキー 全体を混ぜていくと、粉っぽさがなくなり、まとまりが出てきます。 原始クッキー これを直径4センチくらいの円盤状にまとめて、トースターの天板(オーブンシートを敷く)に並べましょう。この作業もすべて手でできます。 原始クッキー この上にナッツを乗せても良いでしょう。 原始クッキー これをトースターの600ワット前後で10分焼いてください。ナッツは焦げやすいので要注意。上火・下火グリルが選択できる場合は、それぞれ5分ずつ焼いてみて、焦げてないか様子を見ながら調整してください。 原始クッキー 生地が膨らんで、隣とくっついてしまっても大丈夫。焼き上がったら、天板を取り出して、フライ返しなどでクッキーを1枚ずつ取り出し、冷ましましょう。温度が下がると、柔らかいクッキー生地が固まります。 原始クッキー 食べてみると、シンプルなバタークッキーの中に、食感や風味に素朴さを感じるはず。市販のクッキーとは少々違う、どこか心和むテイストに仕上がります。オーブンを持っている人は、180度で10分程度焼くと、仕上がりはさらに良くなるでしょう。  さあ、クッキー作りは手軽なところから。気になる人は是非挑戦してみてくださいね! <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ