Lifestyle

亡くなった猫が起こした奇跡。21年前にその捨て猫を救った小学生が見つかった!

〇〇さん家の猫がかわいすぎる Vol.15】  我が家の猫が愛されながら、寿命を全うしたことを知らせたい――。そんな願いが込められたれいれいさん(@5qwkqrwILfKftUM)の投稿は、Twitter上で大きな話題に。 <拡散希望 1998年9月に愛知県津島市の津島神社から天王川公園で子猫の里親を探していた、当時小学生中学年くらいの3人組に伝えたいです。 中年の夫婦に薄めの茶トラを託したと思いますが、この3月に22年半の天寿を全うしました。優しい心が1匹の猫を救い、家族にたくさんの幸せをくれました。>  3人組の小学生に救われた茶トラ「長老さん」は、命のバトンを受け継いだれいれいさん家族によって大切に育てられ、21年5か月28日という長いニャン生を終えました。

愛知県の津島神社で託された「小さな命」

「いつか3人組を探すときに本当の名前をキーワードにしようと思っていたので、Twitter上では愛猫のことを『長老』と呼んでいました」  そんなマイルールを打ち明けてくれたれいれいさんによれば、長老さんとれいれいさんのご両親が出会ったのは、愛知県津島市の津島神社。  ご両親は津島神社から天王川公園を歩いていたところ、前から自転車を引いてやってきた小学生3人組に声をかけられました。その手には、生後間もない子猫が。
れいれいさん宅に迎えられたばかりの長老さん

れいれいさん宅に迎えられたばかりの長老さん

「学年3年生から4年生くらい。ひとりは背が高めだったそうなので、もしかしたら5年生くらいかもしれません」  話を聞くと、捨てられていた子猫を拾ったけれど、みんな家で飼えないと言われたため飼ってくれる人を探し、通りすがりの大人に声をかけていたそう。どうか飼ってほしい……。そう必死に訴えられても、あまり猫が好きではなかったためお母さんは立ち去ろうとしました。  しかし、お父さんは小学生の熱意や、ついてこようとする子猫のかわいさに心打たれ、お母さんを説得。こうして、長老さんは家族の一員になったのです。

猫が苦手だったお母さんも猫好きに

 家族はみな、突然やってきた「小さな家族」に夢中に。なかでも、1番虜になったのが、猫があまり好きではなかったお母さん。家族の誰よりも長老さんに愛情を注ぎ、つきっきりでお世話していたそう。 「当時、私は高校生で妹は中学生。多感な時期だったため、明るかった家の中は殺伐としていました。でも、子猫のおかげですっかり和み、明るい家に戻りました」  家族の帰宅時間は早くなり、部屋の片づけも徹底。猫中心の生活を送るようになりました。温かい環境の中、長老さんはアグレッシブな性格を惜しみなく発揮。 「子猫のころはカーテンに登るのが好きでした。大人になってからは網戸を破って出ていき、近所の猫と喧嘩して帰ってきたことも。なかなかのやんちゃ猫でしたね」
長老さんはやんちゃで賢いにゃんこに育っていきました

長老さんはやんちゃで賢いにゃんこに育っていきました

 そうかと思えば、賢い一面も。長老さんは車の音や足音で誰が帰ってきたかを判断し、ご飯をくれるお母さんの帰宅を察知すると、一目散にお出迎え。 「お父さんに構ってもらうことも好きでした。ダイニングにある父の席に先に座り、父が来るのを待っていましたね」
次のページ 
幸せな21年5か月28日のニャン生
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ