Entertainment

坂井真紀、離婚した夫は「クリエイティブ・ストラテジスト」。“肩書が謎”な有名人の今

 女優の坂井真紀が離婚していたことが7月5日にわかりました。  2009年10月に結婚し、2011年に長女が生まれていましたが、今年の6月末に離婚が成立。  坂井真紀の元夫は11歳年下で「JR SKISKI」「サントリー『角ハイボール』」などの広告写真を撮影を手掛けた鈴木心氏です。しかし彼の肩書きを改めて確認したところ、「元写真家」で今は「クリエイティブ・ストラテジスト」となっていたことには驚き!
(画像:鈴木心氏 You Tubeチャンネルより)

(画像:鈴木心氏 You Tubeチャンネルより)

 いったいこれはどんな仕事なのか調べてみたところ、クリエイティブなアイデアを生み出しながら、さまざまな人や企業の問題を解決するコンサルタントのようです。  現在はご自身のYouTubeチャンネルで「年間5000万円写真で稼ぐ、その仕組みすべて教えます。」という動画を公開しており、精力的に活動をしているそうです。  一聴&一見しただけではよくわからないけれどもインパクト大な肩書きを持つ人は、意外と世の中に多いもの。そこで今回は一時期話題になったユニークな肩書きの有名人をピックアップしてみました。

「自称プロサーファー」高相祐一氏

酒井法子『贖罪』朝日新聞出版

酒井法子『贖罪』朝日新聞出版

 2009年に酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことは覚えていますか?この当時、酒井の夫であり彼女と同様に覚せい剤を所持していたとして有罪判決を受けたのが高相祐一氏。逮捕の報道が為された時に彼についていた肩書きは、なんと「自称・プロサーファー」でした。  酒井法子の逮捕および逃亡劇はアイドル時代から応援していたファンに大きなショックを与えましたが、その夫が「自称・プロサーファー」であったこともなかなかの衝撃だった模様。逮捕の翌年には離婚が成立。  ただし、ニュースサイトの連載コラム内で本人は「プロテストには合格していたけれど、競技会に出場しておらず連盟の会費も払っていなかったから」と「自称」であることを否定していました(2015年4月3日『週刊女性PRIME』より)。  その後、高相祐一氏は社会復帰を目指していたものの、2016年には危険ドラッグを使用・所持の違反で再逮捕され、2017年3月に東京地裁から懲役1年の実刑判決が下っています。
次のページ 
沢尻エリカの元夫 ハイパーメディアクリエイター
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ