Lifestyle

“失礼すぎる店員さん”にア然エピソード「買う気がうせました」

<みきーるの女子マインド学>  少しずつ様子を見ながら、お店でのショッピングを再開した、という方も多いかと思います。そんななか、今回は「この店では買わない!と思ってしまった」というお悩みをいただきました。

「肌が“お白くない”から似合わない」って言われた

「肌がお白くないから似合わない」って言われた

写真はイメージです(以下同)

「自粛期間中、ずっと我慢していましたが、気になっていた口紅を買いに行きました。新作は2色あって、可愛いなと思っていたピンクを買おうとしたら、店員さんに“お客様はイエベなので、こちらのオレンジのほうがいいですよ”と言われて……。  えっ?と思ったけど、“ピンクでいいです”と言ったら、その店員さん、“お客様は肌があまりお白くないので、似合うほうをお勧めしたいです!”とまで言うんです。お白くなくて悪かったね!とムカついたし、悲しい気持ちになって、“もういいです!こちらでは買いません!”って帰ってきちゃいました。私は大人げないんでしょうか……?」(マイさん・25歳)

気に病む必要はなし!

 せっかくお買い物にいったのに、悲しい思いをされましたね。ネット通販もいいですが、化粧品や洋服などは実際の色味を見たり、売り場の雰囲気も楽しみながら臨むと気分も上がるもの。そんな気持ちに水を差されたら、お財布を開く気もなくなってしまうことでしょう。 買い物を見送ったことを気に病む必要はない この店員さんは、もしかしたら使命感に燃え、「よかれ」と思って言ったのかもしれません。でも、お客様を残念な気持ちにさせてしまっては意味がありませんよね。 「お白くない」も失礼な物言いですし、どうしても別の色を推したかったのなら、「こちらのお色味も、お客様のお肌に映えそうです」とか、そんな感じの表現がよかったように思います。  ですので、マイさんが“このお店でのお買い物を見送ったこと”を気に病む必要はないのでは。 「このお店では買わない!と憤慨した」というエピソードは時折いただくのですが、特に驚いたものをもう少しご紹介してみましょう。
次のページ 
店員のビックリ行動にア然…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ