Lifestyle

車から投げ捨てられた子猫を救いたい!衰弱していた「むー」の現在

○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.16】  4匹の保護猫と暮らしている@uni_mugi_hachiさん宅では、クスっと笑える光景がよく見られるよう。なかでも、最近ネットを騒がせているのが今年の5月に家族の一員となった、むーくん。
@uni_mugi_hachiさん宅のむーくん(オス)

@uni_mugi_hachiさん宅のむーくん(オス)

子猫らしい無邪気さが大人気

左から、むーくん(オス)、むぎくん(オス)、はちちゃん(メス)

左から、むーくん(オス)、むぎくん(オス)、はちちゃん(メス)

 天真爛漫なむーくんは子猫らしい無邪気さを発揮し、多くの人を笑顔にしています。例えば、遊びに夢中になった日には、試合後のボクシング選手を連想させるかのような姿を披露。  人間のように座椅子を使いこなす器用さにも感心させられます。  コミカルな一挙一動。それを気にかけ、温かく包み込んでいるのが共に暮らす3匹の同居猫たち。中でも、むぎくんは特にむーくんのお世話をするのが好き。隣にいると眠っていても、つい構いたくなってしまうようです。  自分を受け入れ、愛してくれる家族と共に生き続ける日々。そんな暮らしを満喫しているむーくんですが、おうちにやってきた裏には悲しい事情がありました。

車から投げ捨てられた子猫を保護しに栃木へ

 むーくんと巡り合ったきっかけは偶然目にした、あるツイート。5月下旬、@uni_mugi_hachiさんは栃木県の高校生が投稿していた「部活の帰り道、車から投げ捨てられた子猫を保護したけれど猫アレルギーで飼えない。何とかならないだろうか」という内容のツイートを見て、いても立ってもいられなくなりました。  聞けば、高校生は保護したものの、下の兄弟の面倒を見るため、すぐ帰宅しなければならない状況。今日誰も猫を引き取れなければ、その場に置いていこうと考えていたようでした。 「今日しか助けられない命があることや高校生と連絡を取っているのが私しかいなかったことなどから、現場に向かうことを決めました」  しかし、千葉在住の@uni_mugi_hachiさんが栃木に着けるのは最短でも数時間後。そこで、近くの交番やコンビニに電話をし、自分が向かうまで子猫を一時預かりしてもらえないかと交渉しましたが、どちらもバッサリ断られてしまったそう。 「やはり猫は法的には物と同じ扱いのようで、もどかしかったです」  そこで高校生と相談し、公園のトイレに段ボールに入れて子猫を置いてもらうことに。自分が到着するまでに子猫がいなくなってしまわないだろうか……。そんな不安と闘いながら、@uni_mugi_hachiさんは車を走らせました。
次のページ 
20分間の格闘の末、保護に成功
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ