Lifestyle
Love

ズルズル不倫をやめた理由。マスクでフェチにめざめた彼にドン引き!

 コロナ禍の今、夫や彼氏との感覚のズレを感じる女性が多いようです。  それは不倫カップルも同じのようで…。 新型コロナウイルス、インフルエンザ、風邪、マスク 今回は、そんな経験をした女性2人のエピソードをご紹介しましょう。

他に好きな男性が見つからず、ズルズル不倫を続けている

 保田真那さん(仮名・26歳・契約社員)は、以前勤めていた職場の上司・Nさん(40歳・会社員)と不倫関係になり2年目になります。 「今は私が転職した事もあって、月に2回程しか会っていませんが…まぁ付き合い始めは、かなりひんぱんに会っていましたね」  もう“ものスゴく好き”という感情はだいぶ薄れてきてはいますが、コロナのせいで独りで過ごす時間が長く、不安な中…誘われるとつい会いに行ってしまう真那さん。 「こんな関係はやく止めて、ちゃんと彼氏を作った方がいいのは分かっているのでが、なかなか他に好きになれる男性が見つからないので、ついズルズルしてしまって」

不倫相手「行為の最中、このマスクしたままでいてくれない?」

 そして、また不倫相手から呼び出された真那さん。 「彼といつもの場所で待ち合わせて、ピザとサラダとビールを買ってホテルに入り、食べながらお互いの近況報告をしていたんですよ」  すると、だんだんとそういう雰囲気になってきて…。 「そしたらNがカバンをガサゴソしだして、ピンク色のウレタンマスクを出すと『行為の最中、このマスクしたままでいてくれない?』と言ってきたんですよ!はぁ?意味わかんないって感じで」 コロナで不倫やめたのはマスクプレイ
次のページ 
マスク姿に興奮を覚えるようになった彼にドン引き
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ