Lifestyle

「左利き」でも美文字がすぐ書けるコツ。まず紙の位置を変えてみて

 昨日、8月13日は「左利きの日」でした。1992年にイギリスにある「Left-Handers Club」が、利き手がどちらでも使える道具の開発を呼びかけるために制定したそうです。  たしかに左利きの人は、人知れず苦労している不便な側面も多いですよね。  その代表が、手書きで文字を書くこと。
左利き

写真はイメージです

左利きだと、文字が自分の手に隠れて見えない

 筆記具のゼブラ株式会社が2016年、全国の左利きの人104名を対象に行ったアンケート調査でも、不便に感じていることとして「食事で隣と腕がぶつかる」、「自動改札がタッチしにくい」などに続き、「ペンで手書きをしにくい」と答えた人が多くいました。  左利きの人が横書きで文字を書くと、文字が自分の手に隠れて見えない、文字がこすれる、インクで手が汚れてしまうなど、右利きの人にはわからない悩みがたくさん。  小さな子を持つ母親の中には、子どもの持ち物に名前を書くときや、学校との連絡帳への記入で悩んでいる人も。 左利き用 誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳 そこで今回は、書籍『大人のペン字練習帳』シリーズが20万部を突破し、「左利き専用」のペン字練習帳『左利き用 誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳』を出版した萩原季実子さんに「左利きの人が美文字になる方法」を教えてもらいました(以下、萩原季実子さんの寄稿です)。
萩原季実子さん

萩原季実子さん

左利きの人に知ってほしい美文字のコツ

 左利きの人が「手書きが苦手」、「字を書くのが難しい」のには理由があります。  原因は、日本語の書き順と手の動き。  漢字やひらがな、カタカナは、どの字も基本的に左から右に向かって書き進めるようにできています。ヨコ線は、左から右に。「とめ」、「はね」、「払い」も同じで右利きの方が書きやすく字は作られています。  まず右利きと左利きの、手の動きを比べてみましょう。 左利きペン字1 写真の通り、左利きの人は、線が右下がりになりやすく「一」のようなヨコ線、「の」のような曲線を書くことが、右利きの人に比べ大変です。  右利きなら自然にできる「とめ」がやりにくいため、文字のバランスが崩れやすいという傾向があります。では、どうすればいいのでしょうか。最初にチェックするのは紙の位置です。
次のページ 
紙の位置を変えるだけで美文字に近づく
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ