Entertainment

小栗旬、山田裕貴…ヤンキー役が似合いすぎてたイケメン俳優5選

 7月17日より全国の劇場で公開されている映画『今日から俺は!!劇場版』。
『今日から俺は!!劇場版』公式サイトより

『今日から俺は!!劇場版』公式サイトより

 本作は西森博之の人気漫画の実写化で、2018年に賀来賢人、伊藤健太郎のW主演作で放送された大人気テレビドラマの劇場版です。ツッパリ高校生の友情をコメディ要素満載で描き、ヤンキードラマの傑作として年齢を問わず人気を博しています。  これまでヤンキー世界を題材にした作品は多く誕生してきましたが、今回はそれら作品を彩ってきた「ヤンキー役が似合う俳優」5名をご紹介します。

小栗旬

『クローズZEROII』(ハピネット)

『クローズZEROII』(ハピネット)

 2020年期のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主役に決定し、ハリウッド進出を目指しロサンゼルスに拠点を移すなど、順調にキャリアを積んでいる小栗旬。「ま~きの!」でおなじみの『花より男子』のようなふんわり男子から、不良役まで幅広く演じています。  不良役といえば、なんといっても主人公・滝谷源治を演じた映画『クローズZERO』が印象的。大人気コミックを原作とし、2007年に第1作目が公開されて以降、2009年、2014年に続編が公開された大人気シリーズです。  劇中ではツーブロックのオールバックというイカツイ風貌で、“最悪のワルガキが集まる鈴蘭男子高校の覇権を巡る史上最大の抗争”に挑み、撮影中は顔以外はアザだらけだったそう。実は、ドラマ『今日から俺は!!』では滝谷源治としてスペシャル出演しているのです。見逃した人は、映画版“今日俺”を観る前に予習がてらチェックしてみては?

市原隼人

『ROOKIES』DVD BOX(TCエンタテインメント)

『ROOKIES』DVD BOX(TCエンタテインメント)

 10歳で芸能界入りをし、2004年には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍している市原隼人(33)。“ヤンキー”を演じる俳優として真っ先に頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。  佐藤隆太演じる熱血教師と、不良野球部員が甲子園を目指すスポ根ドラマの傑作『ROOKIES』で、エースの安仁屋恵壹(あにやけいいち)役を好演。その鋭い眼光は熱くて男らしい安仁屋の役柄にぴったりとハマり、放送から10年以上経った今でも、SNSでは「安仁屋がカッコよすぎて無理」という声があがるほど、ドラマ史に爪痕を残すヤンキーっぷりでした。 『ROOKIES』以外でも、ドラマ『ヤンキー母校に帰る』で不良の高校生を演じました。ヤンキー系の役柄を演じるイメージが強いですが、2020年公開の映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』ではマジメで給食マニアの教師役で主演を飾り、30代となった姿が時代の流れを感じさせました。
次のページ 
元ヤン芸人自伝小説の実写化を演じたのは…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ