Lifestyle

「給付金入りましたよね?」エステの勧誘にア然。15万円のコースを勧められ…

 夏は開放的になれますが、それと同時に「なんで、あんなことをしてしまったのだろう……」という黒歴史になってしまう出来事も多い季節です。
ランニング

※画像はイメージです(以下、同じ)

 今年の夏は新型コロナの影響もあり、何かとイレギュラーで、普段ではありえないような判断ミスをしてしまった……という人も多いのではないのでしょうか。そんなコロナ禍の初夏のエピソードを聞いてみました。

夏を前に「コロナ太り」に…

 都内に住む会社員の大村紗奈さん(仮名・32歳)。現在は在宅ワークにも慣れてきたと話す彼女ですが、今年の4月に初めて会社を自宅待機になったときは「コロナ太り」に悩まされたといいます。 「コロナの自粛で太ってしまったという人は多いと思うのですが、私も完全にそのパターンでしたね。自宅待機といっても最初は会社も慣れないせいかほとんど機能せず、家で何もしない日が続きました。不要不急の外出を控えるということで、スーパーに行く以外はほとんど出かけることもなく、子供もいないので3食食べてダラダラ……。  そんな生活をしていたら、体重が5kgも増えてしまったんです。最初はジョギングもしていたのですが、それすらも白い目で見られるような空気になってきちゃって。やっと出社できるようになった頃には同僚からの『太った?』という言葉が突き刺さりましたね……」

エステの痩身コースを予約!内容は…

エステ もともと、太りやすい体質でさらにダイエットや運動が大の苦手だという紗奈さん。そんなとき、とあるクーポンサイトでエステの痩身コースを見つけます。 「家の近所のエステサロンなのですが、初回120分の痩身コースが3000円だったんです。エステって勧誘が多いイメージがあって何となく敬遠していたのですが、大手の店じゃなさそうだし大丈夫だろうと思ったんですよね。そのときの私は自分でも身体が重いと分かるほどだったので、ワラにもすがる思いで予約しました。  施術は、サウナに入って汗がたくさん出たところを、すごい力で体中を揉みほぐされるというもの。『リンパが詰まってますねー』とゴリゴリと揉まれて、痛いくらいで。でも、その施術中に気付くべきだったんですよね。普通、エステの施術中ってエステティシャンがあまり話さないイメージだったのですが、ずっとどこが痩せたいかを聞いてくるんです。 マッサージやエステ中はリラックスして受けたいのに、ひたすら話しかけられて……私もつい答えてしまっていたんです。結果として1回の施術で約500gほど体重が落ちたのですが、お会計のときにこれまでに体験したことのない勧誘を受けることになったのです……」  その勧誘内容とは、驚くほど強引なものだったといいます。
次のページ 
誘い文句は「給付金入りましたよね?」
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ