Fashion

トップスの“イン”は、下っ腹が恥ずかしい…体型を隠してサマになるコツ

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。ファッションの流行というのは、デザインや柄、服の素材、シルエットといったアイテムの特徴に限らず、服の着こなし方といった観点からも流行り廃りがあります。
WEAR

画像:WEAR

 そのうちの一つとしてとくに目立った流行が、シャツインコーデ。数年前にトップスの前部分のみインをするフロントインが流行してから、トップスの裾はボトムにインする着こなしが今や定番化しています。しかし、このシャツインコーデ、人によっては体型カバーどころか下腹部のぽっこりが余計に目立ってしまうと一部の人には不評のようです。  そこで今回は、シャツインコーデに挑戦したいけれど似合わない……といった問題を解決するコーディネートテクニックをご紹介します。

シャツインが似合わない人の特徴

 まずシャツインが似合わない原因を知る必要があります。シャツインが似合わないとされる方の特徴としては、「下腹部がぽっこりしている」「腰が張っている」「お尻が大きい」といった、下腹部から腰まわりにかけてのシルエットが大きい方ですね。 シャツインが似合わない人の特徴 全体的にぽっちゃりしているりんご体型さんも、お腹の丸みが全体的に露出されるようで気になってシャツインができないというケースも少なくありません。ですが、こうした骨格や体型によってシャツインが似合わないとされる方でも、アイテムの選び方次第ではシャツインもスッキリ美しく着こなすことができます。

ボリュームトップスで立体感を出す

 まず下腹部がぽっこりしている方は、前からだとスッキリ見えるけれど横からだと下っ腹のぽっこりが隠せない点が悩ましいですよね。この場合、トップスをハリとボリュームのあるシャツやカットソーにして上半身の厚みを出しましょう。 ボリュームトップスで立体感を出す 例えば、ポプリンシャツやバスクシャツといった服地にハリと厚みのある素材を選ぶと、前部分はもちろんですが横から見たときにボリュームトップスのおかげで下腹部のぽっこりに陰影が生まれスッキリ見えるのです。  ボトムスはトップスにボリュームがあるので、恐れずあえてタイトなシルエットを選んでください。ボトムスもトップス同様、硬くハリのある素材が望ましいです。例えばデニムのタイトスカートなどがオススメですね。ボトムスに柔らかくストレッチが効いた素材を使用すると下腹部やお尻の大きさに合わせて服が伸びてしまうので余計に大きく見えてしまうため気をつけてください。  骨格がしっかりしている方(骨格診断では「ナチュラルタイプ」の方)はミドルライズだと骨盤の張りが目立ちやすいので、あえてハイウエストを選びましょう。腰が張っているだけで下腹部はそこまでポッコリしていなければ、柔らかい素材のボトムスを使用してもOKです。
次のページ 
フロントインは、おへそを中心にプラス5cm幅程度が◎
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ