Beauty

ネットで噂「乳首をピンクにする海外製クリーム」の危険性|皮膚科医に聞く

 今SNS上で、海外製品の「メラケアクリーム」という医療用クリームが“乳首がピンクになる”と話題になっています。利用者のコメントには「ピンクを通り越して乳首が消えた!」などと、ありえない絶賛の声も散見されますが、本当に効果があるのでしょうか?
ネットで噂の「乳首が消えるクリーム」使っても安全?

写真はイメージです(以下同)

 また、乳首の色が消える(?)くらいの薬品を、個人がインターネットなどから購入して使用することに問題はないのでしょうか?  そこで、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に、「乳首がピンクになるクリーム」の危険性についてお聞きしました。

「乳首がピンクになるクリーム」の使用はすぐやめて!

「メラケアクリーム」は海外の医薬品ですが、日本では医薬品の承認を受けていません。輸入元などの注意書きには、医師に相談して使うこと、副作用があることが書いてあります。ですが個人で使う人が多いのが現状です。また偽物が出回っているリスクもあります。  パッケージを見ると、メラニンの合成をブロックする働きを持つ〈ハイドロキノン〉、肌のターンオーバーを上げる〈レチノイン酸〉、抗炎症薬である〈ステロイド〉といった成分が主になっていることが分かります。
「乳首がピンクになるクリーム」の使用はすぐやめて!

「メラケアクリーム」
(主な成分:ハイドロキノン2%、トレチノイン(レチンA)0.025%、モメタゾン(ステロイド)0.1%)

 ただ、慶田先生は個人の使用に警鐘を鳴らします。 「ハイドロキノンは、日本では医療機関が処方する決まりになっている成分です。また、レチノイン酸はシミのレーザー照射後のアフターケアや美白目的で使われる成分ですが、肌に塗るとカサついてヒリヒリすることから、医師側で塗る回数を調整しながら使うものなので、セルフで使うには強すぎる成分です」(コメントは慶田朋子先生、以下同じ)  このクリームによって「消えた!」というほどの効果が得られたことに関しては、次のように分析します。 「この2つの成分を同時に乳首のように皮膚が薄い部分に塗り続けると、カサつきとヒリヒリがひどくなって、激しい炎症や湿疹を起こしたあとに、脱色素反応が起こることがあります。それによって乳輪や乳首の色が薄くなった可能性もあるではないでしょうか」

真皮が不健康に薄くなる可能性がある

 本来であれば、カサつきや炎症といった症状で肌に異常が起きているとわかるはずですが、「このクリームには結構強いクラスのステロイドも含まれているので、それにより、症状を抑えられてしまって気付きにくいのだと思います」と慶田先生。 「クリニックでは、レチノイン酸の炎症反応が強く出過ぎたときに、治療として症状に合わせた弱いステロイドを処方することもありますが、初めからステロイドを混ぜて販売しているのは、賛成できることではありません」 真皮が不健康に薄くなる可能性がある というのも、ステロイドは意味もなく塗り続けると皮膚が委縮してくることもあるそう。 「ステロイドが入っていることに気づかずに美白剤として長期に使い続けるうちに、真皮の萎縮が生じ、不健康に薄くなっていってしまう可能性があります。このようなクリームを乳首に塗り続けるというのはとても恐ろしいことです。今使っている方がいたら、すぐに使用をやめて欲しいです」
次のページ 
安全に乳首をピンクにするには?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ