Lifestyle

一重コンプレックスでアイプチ歴20年!彼氏にすっぴんを見せた意外な結果

 世間からは美男美女と思われている人でも、意外と持っているコンプレックス。
鏡コンプレックス女性

写真はイメージです(以下同じ)

 なかには、コンプレックスのために日常生活に大きな影響が出てしまうことも。 長年に渡って二重まぶたを作り続けてきたというマミさん(仮名・33歳)。アイプチデビューは12歳で、きっかけは当時読み始めたばかりのティーン向けファッション誌でした。 「一重の女の子がアイプチを使ってこんなにかわいくなった! という広告だったんですが、アイプチなんて存在すら知らなかった私にとっては衝撃的でした。えっ、自分で二重にできるの!?って」

アイプチが不自然でもやり続けた

 それまで特に気にしていなかったという自分の一重まぶた。ティーン向けファッション誌のモデルたちの目元をよくよく見ると、ぱっちりした二重まぶたの子がほとんどでした。 「二重のほうがかわいいんだな、ってそのとき初めて思いました。仲が良かった友達の目元も注意して見てみたら二重で、クラスの男子から人気のあった女の子も二重。なんで私は一重なんだろ~って」  すぐにお小遣いでアイプチを買いましたが、なかなか上手に二重が作れず、何度もやり直すうちにまぶたが赤くなってしまうこともしばしば。なんとか満足いく二重を作って出かけても、何をするにも二重のコンディションが気になって仕方ありませんでした。母親からも、まぶたが変だとよく指摘されていたそう。 「まぶたとまぶたをノリで貼り付けてる状態なので、どうしても不自然なんですよね。真正面から鏡で見た状態しか見てなかったので、伏し目になったとき他人からどう見えてるかとか考えもしなかった。友達からも、『まぶた引きつってるよ』とか、『目がこわい』とか言われて気まずい思いを何度もしました(苦笑)」
次のページ 
二重を作ってることがばれないよう必死の日々
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ