Love

アプリで80人と会っても「運命の彼女が見つからない」男性の“婚活沼”

おおしまりえの幸せな人生の迷い方】  こんにちは。恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。 アプリ

マッチングアプリ沼にハマった24歳男性

 マッチングアプリには“沼”があります。なかなか出会えずに退会できない人がいる一方、「出会いが多いからこそ決めきれない」という沼にハマるタイプが一定数います。会えない人からは「何を贅沢な!?」と反感を買いそうですが、でも、彼らは今日も真面目に探し続けているのです、運命の相手を。  今回お話を聞いた遊星さん(仮名・24歳)は、大手企業の営業職としてバリバリ働きながら、マッチングアプリを駆使して婚活をしています。会った人数はのべ80人。コロナが落ち着いた直近は1ヶ月で20人ほどと会ったといい、そのハングリー精神とテクニックに、思わず筆者も前のめりになります。  ただ同時に、気になることも……そんなに会っても、運命を感じる人って、いないもの?

「コロナで会えない」は言い訳

 そもそも遊星さんと出会ったキッカケは、マッチングアプリHでした。彼がリアクションをくれ、プロフィールなどがしっかりしていたこともあって、やり取りをスタート。その中で彼がマッチングアプリ玄人であることがわかり、正式に取材をお願いしたのです。 「春のコロナ真っ只中でも、僕はマッチした方と公園デートをしたりしていました。今は普通にお茶で会っている子もいますし、『コロナで出会えない』って言う人に対しては、嘘だろって思いますね」
公園デート

コロナでも公園デートなどで出会いを続けていたという。そのハングリー精神はどこからくるのでしょうか…?(写真はイメージです、以下同)

 堂々と話す遊星さんが駆使するアプリは、気軽な出会いの多いT、ハイスペな出会いを売り出すTK、最大手のP、後発だけど本気ユーザーが多いと噂のW、業界大手のTA、最近リリースされたテスト版のマッチングアプリHなどなど……って、頭文字にするとなんのこっちゃですが、とにかく多い。 「最近大手Pにやっと登録しました。さすがに沢山使って沢山会っているので、コツとかテクニック、傾向も身につきましたよ。これだけ数が多いマッチングアプリは、自分にハマるものが絶対にあるはずなので、それを見抜くことが大事ですね。  リアクションをする(=いいねなどを異性に送る)のは、これから人気が出そうな新規ユーザーです。離脱率も高いのですが、いれぐい状態の前にきちんとアピールしておくといいますか」  遊星さんいわく、Tは見た目がハーフっぽい男性がリアクションをもらいやすいなど、それぞれのアプリ毎に受けの良さの傾向があるといいます。って、出会って遊びたいのではなく、婚活したいんだよね? 筆者は思わず笑いながら聞き返してしまうのでした。
次のページ 
80人と出会って分かったこと
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ